映画興行成績:「暗殺教室」が初登場で首位 

映画
「暗殺教室」のワンシーン(C)2015フジテレビジョン 集英社 ジェイ・ストーム 東宝 ROBOT(C)松井優征/集英社

 23日に発表された21、22日の映画観客動員ランキング(興行通信社調べ)によると、マンガ誌「週刊少年ジャンプ」(集英社)で連載中の松井優征さんの人気マンガが原作の「映画 暗殺教室」が初登場で首位を獲得した。人気グループ「Hey!Say!JUMP」の山田涼介さんの初主演映画で、地球破壊をもくろむ謎の生物“殺せんせー”と落ちこぼれクラスの生徒たちとの不思議な交流が描かれた作品。全国313スクリーンで公開され、約35万900人を動員し、興行収入は約4億1100万円だった。

 2位は、人気アニメ「ドラえもん」の劇場版最新作「映画ドラえもん のび太の宇宙英雄記(スペースヒーローズ)」。3位はベン・スティラーさん主演の人気シリーズ第3弾「ナイトミュージアム/エジプト王の秘密」が初登場でランクインした。「ナイトミュージアム」は全国663スクリーンで公開され、動員数は約20万2700人、興行収入は約2億6100万円だった。

 また、6位には初登場で「スーパーヒーロー大戦GP 仮面ライダー3号」が入った。特撮ドラマ「仮面ライダー」シリーズの映画最新作で、俳優の及川光博さんが幻の仮面ライダー3号を演じている。全国307スクリーンで公開され、約14万5700人を動員し、興行収入は約1億8700万円だった。

1位 映画 暗殺教室

2位 映画ドラえもん のび太の宇宙英雄記(スペースヒーローズ)

3位 ナイトミュージアム/エジプト王の秘密

4位 イントゥ・ザ・ウッズ

5位 ストロボ・エッジ

6位 スーパーヒーロー大戦GP 仮面ライダー3号

7位 風に立つライオン

8位 映画プリキュアオールスターズ 春のカーニバル♪

9位 アメリカン・スナイパー

10位 ソロモンの偽証 前篇・事件

映画 アーカイブ

MAiDiGiTV 動画

最新動画

最新記事

最新写真

まとめタグ

このページのトップへ戻る