アニメ質問状:「レーカン!」 多少違和感があっても3D背景に アニメ的記号を避ける工夫も

アニメ マンガ
「レーカン!」の一場面(C)瀬田ヒナコ・芳文社/レーカン!製作委員会

 話題のアニメの魅力をクリエーターに聞く「アニメ質問状」。今回は瀬田ヒナコさんの4コママンガが原作のテレビアニメ「レーカン!」です。越中おさむプロデューサーに作品の魅力を語ってもらいました。

 --作品の概要と魅力は?

 霊が見える霊感体質の天海響という少女と その友人 まわりの霊たちとの心がホッコリする物語です。登場する女の子たちも幽霊もが妙な味わいがあって和みます。

 --アニメにするときに心がけたことは?

 4コママンガが原作だとこういう風になるだろう……と予想されるアニメにはしたくなかったので SDキャラやアニメ的記号を避けて「レーカン!」はあえて物語を感じてもらえることにこだわりました。コメディー、ギャグ、泣きいい話など各話で特色やバランスが変わるようになっています。

 --美しい背景や繊細な心理描写も話題ですが、こだわりを教えていただけないでしょうか。

 最近、セルと背景がなじみすぎた画面が多くなっているような気がしたので 「レーカン!」は多少違和感が出てもセルが目立つ方がよいのではないかと監督にお願いして3D背景にしました。心理描写に関しては監督がコンテで丁寧に考えて描いているのと、キャストとスタッフの頑張りの賜物(たまもの)です。

 --作品を作る上でうれしかったこと、逆に大変だったことは?

 緻密な3D背景で全編やろうと思っていたのですがやはり無理でした。これは私と背景の草森秀一の判断が甘かったです。2話から普通の背景も導入しました。ただ、写真背景とか言われたりしますが、テクスチャーなどもすべて手描きで3Dモデルに貼りこんでいるので、写真を参考にはしましたが、写真背景ではありません。

--今後の見どころを教えてください。

 登場人物も増えてにぎやかになっていきますが 主人公の天海と井上(成美)の間柄も深まっていきます。井上たちの不器用な優しさには思わず笑えると思います。

 --ファンへ一言お願いします。

 まったりとした独特のテンポで、見ていてなんとなく懐かしくなる雰囲気は大事にしたいと思っています。あと、後半は“泣きいい話”が多いのでカタルシスがあり、スッキリした気分になっていただけると思いますのでぜひ、ご覧になってください。

アニメーションプロデューサー 越中おさむ

アニメ アーカイブ

MAiDiGiTV 動画

最新動画

最新記事

最新写真

このページのトップへ戻る