波瑠:朝ドラの豪華セットにびっくり “夫”玉木宏も「大河ドラマの気分」

テレビ
NHK連続テレビ小説「あさが来た」の会見に出席した(左から)寺島しのぶさん、宮崎あおいさん、波瑠さん、玉木宏さん、近藤正臣さん、升毅さん

 女優の波瑠さんが2日、NHK大阪放送局で行われた2015年後期のNHK連続テレビ小説(朝ドラ)「あさが来た」の会見に玉木宏さん、宮﨑あおいさんら共演者とともに出席。スタジオ撮影もスタートし、舞台となる今井家のセットについて、ヒロイン・今井あさ役の波瑠さんは「本当に豪華ですごくびっくりしています」、夫・白岡新次郎役の玉木さんも「大河ドラマを撮っているような気分。すごくテンションが上がる撮影でした」と語った。

 波瑠さん演じる今井あさの姉、今井はつ役の宮﨑さんも「今日初めてセットに入ったんですが、本当に立派で、お衣装も毎回すてきなお衣装を着させていただいているので、この中でこのお衣装を着て、お芝居をするのがとても楽しみです」と期待を寄せた。波瑠さんは「第1次ロケは本当に暑くて、熱中症になる人が出るんじゃないかと少し心配にもなったのですが、みなさん最後まで元気に乗り越えました。これからスタジオですが、頑張ります」と気持ちを新たにしていた。

 「あさが来た」は、史上初の幕末から物語がスタートする朝ドラで、ヒロインのあさは、大阪で炭鉱事業、銀行事業、生命保険事業など新しい分野に果敢にチャレンジし、日本で初めての女子大学設立に尽力するなど“明治の女傑”といわれた実業家・広岡浅子がモデル。劇中では、正義感が強く、好奇心旺盛(おうせい)な“おてんば娘”として描かれ、激動の時代の大阪を舞台に、明るく元気なあさと、あさを陽気に支えた“ボンボン”の夫の「おもろい夫婦」を中心にストーリーが展開する。

 会見には、あさの母・今井梨江役の寺島しのぶさん、父・今井忠興役の升毅さん、新次郎の父・白岡正吉役の近藤正臣さんも出席した。ドラマは9月28日~16年4月2日、全156回の放送を予定。

テレビ アーカイブ

MAiDiGiTV 動画

最新動画

最新記事

最新写真

まとめタグ

このページのトップへ戻る