杉咲花:監督に恨み節「オーディションで泣かされた」

映画
映画「トイレのピエタ」の公開前夜祭トークショーに登場した杉咲花さん

 女優の杉咲花さんが5日、東京都内で行われた映画「トイレのピエタ」(松永大司監督)の公開前夜祭トークショーに登場。約1年のオーディションの末に同作でヒロイン役を務めることになった杉咲さんは、オーディション時のエピソードを聞かれ、「泣かされたことが一番印象に残っています。演技を見て、(松永監督に)こんなの俺にもできる、と言われて……怖い人だな、嫌だなと思った」と不安だった心境を告白。「(オーディションは)受かりたかったけど『落ちただろうな』というのが5回ぐらい続いてました」と明かした。

 また、撮影期間中は常に“真衣”役を背負っていたという杉咲さんは「イライラして急に泣き出したりしていた」といい、「家に帰って母に迷惑をかけてました。でも、そうじゃないと真衣じゃいられないと思ったから、最後までそう(真衣)だったんですけど」と撮影中に苦労したエピソードを紹介。続けて、完成した作品の感想について聞かれた杉咲さんは「映画を見終わって、最高のプレゼントだなと思いました。すごいものに出合ってしまった、と。これから私はピエタ(「トイレのピエタ」)を超えるものを作らなければいけないな、と(改めて)思いました」と前向きに語った。

 映画は手塚治虫が死の直前まで書いていた日記の一節を原案に松永監督が脚本を書き下ろした。余命3カ月と告げられた美大卒のフリーター・園田宏と突然現れた女子高生・宮田真衣を軸にしたラブストーリーが描かれる。園田役を、ロックバンド「RADWIMPS」のボーカルで映画初出演の野田洋次郎さん、真衣役を杉咲さんが演じる。ほかリリー・フランキーさん、市川紗椰さん、宮沢りえさん、大竹しのぶさんなども出演。6日から公開。

映画 アーカイブ

MAiDiGiTV 動画

最新動画

最新記事

最新写真

まとめタグ

このページのトップへ戻る