藤井隆:佐助役で大河ドラマ初出演 忍術「猛特訓中」

テレビ
堺雅人さんが主演する2016年大河ドラマ「真田丸」の出演者発表会見に登場した藤井隆さん

 お笑いタレントの藤井隆さんが、俳優の堺雅人さん主演で2016年に放送されるNHK大河ドラマ「真田丸(さなだまる)」に出演することが10日、分かった。同日に東京・渋谷の同局で行われたドラマの出演者発表会で明らかにされたもので、藤井さんは主人公の真田信繁(幸村)に仕える忍びの佐助を演じる。藤井さんが大河ドラマに出演するのは今回が初めて。

 会見で藤井さんは「忍術を使うということで猛特訓中です」とおどけ、「馬より速く走れと言われたたので、馬より速く走るトレーニングをしています」とジョークを飛ばした。

 「真田丸」は、安土桃山時代から江戸時代初期にかけて活躍した武将・真田信繁(幸村)が主人公。信繁は、上杉景勝、豊臣秀吉の人質として暮らし、関ケ原の戦いで西軍につく。大坂の陣で砦(とりで)を作って徳川家康の軍と奮戦するも、夏の陣で戦死。勇猛果敢な戦いぶりから「日本一の兵」と称賛されたエピソードなどから人気の武将で、アニメやゲームのキャラクターにも採用されている。

 ドラマでは、信州の小さな領主のもとに生まれた信繁が、家族と共に知恵と勇気と努力で戦国の世をサバイバルし、家族と育んだ愛を胸に大坂城へ向かう姿が描かれる。題名の「真田丸」は幸村が大坂の陣で築いた砦の名。戦国の荒波に立ち向かう真田家を一隻の船にたとえているという。脚本は、脚本家で演出家の三谷幸喜さんが手がける。

テレビ アーカイブ

MAiDiGiTV 動画

最新動画

最新記事

最新写真

まとめタグ

このページのトップへ戻る