MANTANWEB(まんたんウェブ)

武田梨奈:ピンクの全身タイツ姿で原宿・竹下通りに 通行人大騒ぎ

映画
主演映画「原宿デニール」の罰ゲームで東京・原宿の竹下通りに全身タイツ姿で登場した武田梨奈さん

 頭突きで瓦を割るCMなどで話題の空手家で女優の武田梨奈さんが28日、東京・原宿の竹下通りを、全身タイツで歩くという“罰ゲーム”を実行した。“罰ゲーム”は、先日行われた主演映画「原宿デニール」(タカハタ秀太監督)のイベントで、武田さんが「観客動員数3万人を目指し、もし動員できなかったら、全身タイツで原宿の竹下通りを歩きます!」と宣言していた。武田さんは、ピンクの全身タイツにピンクのスカートといういでたちで、恥ずかしがりながらも「行ってきます!」とガッツポーズをし、竹下通りの真ん中を「罰ゲーム中です!」「武田梨奈です!」と通行人に声をかけて堂々と歩いた。居合わせた通行人は「キャー! 誰?」「見たことある!」と大騒ぎで、振り返って写真を撮る人もいた。

 この日は、武田さんが同作で共演している原宿発の5人組男性グループ「BEE SHUFFLE(ビー・シャッフル)」も全身タイツ姿で参加し、武田さんは罰ゲームの最後に、同グループのメンバー全員と肩を組んで盛り上がっていた。同グループは罰ゲームとして「観客動員数3万人を目指し、もし動員できなかったら、原宿出入り禁止」と約束しており、この日のみ出入り禁止の約束が解かれ、参加した。

 罰ゲーム後、「また、やりたいです! 道では『武田梨奈じゃない?』って言われた。今までは『瓦の人』って言われていましたが、これからは『タイツの人』って言われるかも」と感想を語り、「女子高生に『きもい』って言われました」と苦笑いした。一方で「余計なことを言った。みんなもなぜか巻きぞえにしてしまった」と、同グループのメンバーに申し訳なさそうに謝る場面もあった。

 またビー・シャッフルのメンバーで、緑の全身タイツを着たギュミンさんは「恥ずかしかったけれど、一回やってみたら楽しかった」とコメント。赤を着たジュンさんは「この衣装がものすごく気に入っちゃった。新曲の時にも着たい」といい、青を着たジュノさんも「思った以上にフィット感が良くって、色もサイズもちょうどいい」と気に入った様子だった。またピンクを着たミンスさんは「楽しかったけれど、歩きながら、後ろは透けていてやばいと思った」と振り返り、黄を着たシュウタさんは「一緒に罰ゲームができて、ひと夏の思い出ができた」と喜んでいた。

 「原宿デニール」は、映画「ホテルビーナス」などのタカハタ監督の最新作で、原宿を舞台に繰り広げられる夢を持つ若者たちの群像劇。5月16日に公開され、6月26日の時点で2万1584人の動員にとどまり、目標の3万人には届かなかった。10月8日にDVDが発売される予定。

映画 アーカイブ

MAiDiGiTV 動画

最新動画

最新記事

最新写真

まとめタグ

このページのトップへ戻る