ドラゴンクエスト:最新作「11」PS4と3DSで発売へ 任天堂の次世代ゲーム機「NX」での発売も検討

ゲーム
PS4と3DSでの開発が発表された「ドラゴンクエスト11 過ぎ去りし時を求めて」のロゴ

 スクウェア・エニックスは28日、人気ゲーム「ドラゴンクエスト」シリーズの最新作となる「ドラゴンクエスト11 過ぎ去りし時を求めて」をPS4とニンテンドー3DS向けに発売することを明らかにした。同シリーズが同時期に複数のハードで発売されるのは初めて。同シリーズの生みの親で、ゲームクリエーターの堀井雄二さんは「いろいろな人に遊んでほしいのでそういう決断をしました」と話している。さらに、任天堂が開発中の次世代ゲーム機「NX」での発売も検討しているという。

 「ドラゴンクエスト」シリーズは、ゲームクリエーターの堀井さんが制作、「ドラゴンボール」などを生み出したマンガ家の鳥山明さんがキャラクターデザインを手掛け、作曲家のすぎやまこういちさんが音楽を担当している人気RPGで、「ドラクエ」の愛称で親しまれている。1980年代後半には、ソフトを購入するために会社や学校を休み、販売店の前に長蛇の列を作るなどの社会現象となった。

 前作「10」はオンライン専用タイトルだったが、今回の「11」は1人で遊べるスタンドアローンタイプのタイトルとなる。同日行われた発表会では、実機デモプレーもあり、PS4版はリアルで美しい町の中などが紹介されたほか、3DS版は2画面というハードの特質を生かし、上画面の3D映像と下画面の2D映像で同じ場面を映し出して楽しめる。どちらのハードで遊んでもまったく同じストーリーが遊べ、バトルはこれまでと同じコマンドバトル形式となる。

 同シリーズは2016年5月に30周年を迎えるが、「30周年内」を目指して開発していくとしており、2017年春までの発売を目指していくとみられる。

ゲーム アーカイブ

MAiDiGiTV 動画

最新動画

最新記事

最新写真

このページのトップへ戻る