銀河機攻隊 マジェスティックプリンス:相葉裕樹や井口裕香ら声優陣が再集結 “ザンネン”な魅力語る

アニメ
「銀河機攻隊 マジェスティックプリンス」のファンイベントに登場した(左から)相葉裕樹さん、浅沼晋太郎さん、井口裕香さん、池田純矢さん、ブリドカットセーラ恵美さん

 ロボットアニメ「銀河機攻隊 マジェスティックプリンス」(マジェプリ)のファンイベントが26日、東京・秋葉原のベルサール秋葉原で開催され、主人公・イズル役の相葉裕樹さんやアサギ役の浅沼晋太郎さん、タマキ役の井口裕香さんら声優陣が登場した。「マジェプリ」は2013年に放送され、イズルら協調性に欠ける5人組“ザンネン5”の活躍が描かれた。約2年ぶりに声優陣が集まり、思い出話に花を咲かせる中、相葉さんは同作の魅力を「ザンネンなところ。ヒーローらしからぬザンネンなところがあるけど、その分、バトルの格好よさが際立つ」と語った。

 イベントには、スルガ役の池田純矢さんやシオン役のブリドカットセーラ恵美さんも登場。この日は雨だったことから、浅沼さんは「あいにくの雨でザンネンですが、マジェスティックプリンスらしくていいじゃないですか」とコメント。井口さんは声優陣について「池田君はスルガのようにムードメーカーだったり、キャラクターと中の人(声優)に通じるところがある」と話した。また、池田さんは「テレビアニメでは明かされていない謎もある。続編もあるものだと思っています!」と期待を寄せた。

 イベントでは、フィールドプログラムでは、イズルが搭乗する戦闘用ロボット「RED FIVE」の約2メートルの巨大立像のほか、アニメ原画や設定資料、グッズなどが展示された。

 「マジェプリ」は、人類に対して攻撃を開始した汎(はん)銀河統一帝国を名乗る謎の勢力ウルガルと、特務機関MJPに所属するチームラビッツの少年たちの戦いを描いたロボットアニメ。「刀語」「ヨルムンガンド」の元永慶太郎さんが監督を務め、キャラクターデザインは「機動戦士ガンダムSEED」などの平井久司さん、シリーズ構成、脚本は「けいおん!」の吉田玲子さんが担当。動画工房とオレンジが制作し、13年4月から全24話が放送された。

アニメ アーカイブ

MAiDiGiTV 動画

最新動画

最新記事

最新写真

まとめタグ

このページのトップへ戻る