辺見マリ:被害は5億円…「しくじり先生」で13年間の“洗脳地獄”告白

テレビ
「しくじり先生 俺みたいになるな!!」の3時間スペシャルで洗脳されていた過去について告白する辺見マリさん=テレビ朝日提供

 タレントの辺見えみりさんの母で、歌手でタレントの辺見マリさんが、14日放送のバラエティー番組「しくじり先生 俺みたいになるな!!」(テレビ朝日系)の3時間スペシャルに出演し、13年間に及ぶ“洗脳地獄”について告白することが明らかになった。辺見さんは“拝み屋”と称する人物に洗脳され、5億円をつぎ込んだという壮絶な過去を明かし、「私はこうしてだまされた!」と当時の真相をぶちまける。

 1970年、19歳のときに大ヒット曲「経験」で新人賞を総なめにし、その妖艶な振り付けとセクシーな雰囲気で世の男性たちを魅了した辺見さん。72年には21歳で西郷輝彦さんと結婚し、いったんは芸能界を引退、2児を出産。81年に離婚後、芸能界に復帰したものの、華やかな芸能活動の陰で、“拝み屋”と称する人物にだまされ、5億円をつぎ込んでいたという。

 番組では、辺見さんが“洗脳されて5億円とられちゃった先生”として、“あなたが洗脳されて、人生を棒に振らないための授業”を、休み時間をはさんで2限に分けて展開。冒頭で「5億円」という数字を聞いた“生徒”たちは「とんでもない金額!」「重すぎる先生が来たー!」と騒然となる。

 辺見さんは88年に当時の男性マネジャーから「知り合いに神様と話せる人がいる。会ってみませんか?」と誘われ、「コイツ、何言うてんねん!?(笑い)」と心の中で半笑いしていたが、“四つのステップ”によって完全に洗脳されていったと具体的な手口を解説していく。

 さらに、洗脳された結果、42歳でヌード撮影まですることになり、撮影当日の朝、当時16歳だった娘のえみりさんが「行かないで」と泣きながら止めたという切ないエピソードも告白する。ほかにも、修行という名目で“やらかし”ていたさまざまな奇行についても明かし、「♪やめて~洗脳しないで~」など自身のヒット曲「経験」をもじったフレーズを交えながら、熱い授業を展開していく。

 最後に辺見さんは、洗脳地獄からどうやって目覚めたのかを打ち明けるとともに、洗脳が解けて気づいた大切なこととは何かを訴える。そして、娘・えみりさんが子どもの頃に作った母へ贈る詩「MAMA」を披露。この詩を聞いたときに「洗脳から覚めて本当によかった」と心底感じたと、後悔の涙を流しながら“生徒”たちに語りかけると、教室にいる女性たちも涙、涙……。お笑いコンビ「平成ノブシコブシ」の吉村崇さんも「またもや伝説の回が誕生した!」と大興奮するという。

テレビ アーカイブ

MAiDiGiTV 動画

最新動画

最新記事

最新写真

このページのトップへ戻る