錦戸亮:幕末の志士・武市半平太に ドラマ「サムライせんせい」主演

マンガ テレビ
錦戸亮さん主演のドラマ「サムライせんせい」に出演する比嘉愛未さん=テレビ朝日提供

 人気グループ「関ジャニ∞」の錦戸亮さんが10月スタートの新ドラマ「サムライせんせい」(テレビ朝日系)に主演し、実在した幕末の志士・武市半平太(たけち・はんぺいた)を演じることが1日、明らかになった。歴史上の偉人を演じるのは初めてという錦戸さんは「現存資料やほかの俳優さんが演じられた時の武市像にしばられず、“自分なりの武市半平太”を作って、『錦戸の武市はなかなかよかったな』と言われるようにしたいですね」と意気込んでいる。

 「サムライせんせい」は黒江S介さんの同名マンガを初めてドラマ化した作品。錦戸さんが演じる武市半平太は、幕末の土佐藩士で尊王攘夷論を唱え、土佐勤王党を結成して志士たちを率いたリーダー的人物。ドラマは150年後の現代、群馬県の片田舎にある「神里村」にタイムスリップした武市が、学習塾の先生となって村で巻き起こるさまざまな問題をサムライにしかできない方法で解決していく……笑いあり、感動ありの“サムライ×タイムスリップ×コメディー”だ。

 映画「ちょんまげぷりん」(2010年)以来、2度目のサムライ役に錦戸さんは「同じサムライでも、あの時からどれだけ変われるのか……。僕なりの挑戦になるなと思いました。忘れてしまっている所作も多いので、また一から稽古(けいこ)をしていこうと思います」と抱負。自らのちょんまげ姿については「ナシではないかな(笑い)。今回のポイントは、まげのラインのタイトさ具合。粋ですし、武市半平太っぽいなって思います」と自信ものぞかせている。

 今回演じる武市については以前から知っていたといい、「白とも黒とも言い切れない、グレーな存在。でも、カリスマ性と魅力があるから、多くの志士が彼についていったと思う。武市の魅力は物事に対処するプロセスやたたずまいに芯が通っていて、信念を曲げない強さがあること。そんな魅力を、演じる時にもええ感じのあんばいで出していきたいです」と意気込んでいる。武市のカリスマ性については「困ったことに、僕自身にはないんですよ」と苦笑し、「諸先輩方の“人を引きつける力”を参考にできたらなと思います」と語っている。

 ドラマには比嘉愛未さん、藤井流星さん(ジャニーズWEST)、森本レオさんを起用。黒島結菜さん、石田ニコルさん、梶原善さんらも出演する。10月から毎週金曜午後11時15分(一部地域を除く)から放送予定。

マンガ アーカイブ

MAiDiGiTV 動画

最新動画

最新記事

最新写真

このページのトップへ戻る