ポケットモンスター:イングレス活用した新作「GO」 スマホで2016年配信 ウェアラブル端末も

ゲーム
会場で発表されたウェアラブル端末の「PoKeMoN GO PLUS」

 ゲーム会社のポケモンは10日、スマートフォン向け新ゲームアプリ「PoKeMoN GO」を2016年にリリースすると発表した。位置情報ゲーム「イングレス」を開発した「ナイアンティック」と共同開発した完全新作で、現実のさまざまな地域でポケモンをゲットして遊ぶことができる。アンドロイド、iPhoneに対応する。

 同日行われた新事業戦略発表会で明かされたもので、ポケモンの石原恒和社長は、2年にわたり、任天堂の故・岩田聡社長と企画していたとコメント。ポケモンシリーズに携わってきたゲームフリークの増田順一さんやナイアンティックのジョン・ハンケさん、さらに任天堂の宮本茂さんも登壇した。増田さんは、これまで発売してきたポケモンシリーズ新作との連動についても検討していることを明かした。

 さらに、ゲームをより楽しめるウェアラブル端末「PoKeMoN GO PLUS」も発表。ポケモンをつかまえる「モンスターボール」をモチーフにしたデザインで、近くにポケモンがいるとバイブ機能が働き、ボタンを押すことでポケモンをつかまえることができる。

 「ポケットモンスター」シリーズは、プレーヤーがポケモントレーナーとなり、さまざまなポケモンを捕獲・育成しながら他のトレーナーたちとバトルを繰り広げていくRPG。「PoKeMoN GO」は、基本料無料のアイテム課金制。

ゲーム アーカイブ

MAiDiGiTV 動画

最新動画

最新記事

最新写真

まとめタグ

このページのトップへ戻る