竹内結子:ホラーは苦手 恐怖心で瞳孔開く?

映画
「第28回東京国際映画祭」のラインアップ発表会に登場した竹内結子さん

 女優の竹内結子さんが29日、東京都内で行われたアジア最大級の映画祭「第28回東京国際映画祭」(TIFF)のラインアップ発表会に、中村義洋監督とともに登場。中村監督がメガホンをとったホラー映画「残穢(ざんえ)-住んではいけない部屋-」に主演している竹内さんは、ホラー作品は「苦手」といい、撮影中は「一刻も早く家に帰りたかった。家に帰ってしっかりと鍵をかけて、なんなら塩もまこうかと思った」と明かすと、中村監督に「恐怖心は克服できません!」と訴えた。

 中村監督は「竹内さんは脚本を全然、読んでくれなくて、『あれ、出ないんじゃない?』と思った。4回くらいトライしてやっと読んでくれた」と笑わせると、撮影中の寄りのカットを思い出し、「人って怖いと瞳孔が開くんですよね。あと肩甲骨が、翼が生えるんじゃないかってくらい“ギュー”ってなって……」と楽しそうに“恐怖にゆがむ”竹内さんの様子をいじっていた。

 映画は、第26回山本周五郎賞を受賞した小野不由美さんの小説「残穢(ざんえ)」が原作。ミステリー小説家である「私」(竹内さん)のもとに、女子大生の久保さん(橋本愛さん)という読者から「今住んでいる部屋で、奇妙な音がする」という手紙が届くことから物語は始まる。好奇心に誘われて調査を開始した2人は、過去にマンションに住んでいた人たちが、自殺や心中、殺人など、数々の事件を引き起こしていたことを知る。さらに調べを進めていくと、驚がくの真実が明らかになり、すべての事件をつなぐ“残された「穢(けが)れ」”の正体とは……というストーリー。TIFFのコンペティション部門に出品する。

 TIFFは、1985年にスタートし、今年で28回目を迎えるアジア最大級の映画祭。10月22~31日に六本木ヒルズや新宿バルト9、新宿ピカデリー、TOHOシネマズ新宿などを会場に開催され、グランプリなどを選出するコンペティション部門の審査委員長を映画「X-MEN」シリーズなどで知られるブライアン・シンガー監督が務める。オープニング作品は「バック・トゥ・ザ・フューチャー」や「フォレスト・ガンプ/一期一会」のロバート・ゼメキス監督の最新作「ザ・ウォーク」、クロージング作品が佐藤浩市さん主演で直木賞作家の桜木紫乃さんの短編を映画化する「起終点駅 ターミナル」(篠原哲雄監督)。人気アニメ「機動戦士ガンダム」の特集上映、昨年、亡くなった俳優の高倉健さんの追悼特集上映、巨匠・黒澤明監督の名作「乱」の4Kデジタル復元版ジャパンプレミア上映なども楽しめる。

映画 アーカイブ

MAiDiGiTV 動画

最新動画

最新記事

最新写真

まとめタグ

このページのトップへ戻る