黒川芽以:セクシーくの一役なのに「アクションなし」に不満

映画
「忍者狩り」プレミア試写会に登場した(左から)三元雅芸さん、黒川芽以さん、千葉誠治監督

 女優の黒川芽以さんが5日、東京都内で行われたアクション映画「忍者狩り」(千葉誠治監督)のプレミア試写会で舞台あいさつに登場。唯一の女性出演者で、セクシーな衣装のくノ一役で出演した黒川さんは「アクションが見どころ」と語ったが、自身はアクションがほとんどなかったといい、「やらせていただきたくて監督に言ったのにできなかった」と不満をこぼし、千葉監督を困らせた。

 「忍者狩り」は、薄暗い洞窟で無数の忍者の死体を発見した伊賀の下忍が、記憶をたどりながらその真相に迫っていくという忍者アクション。第39回モントリオール世界映画祭の「Focus on World Cinema」部門に出品し、第48回シッチェス・カタロニア国際映画祭にも正式出品されることが決定しており、同映画祭出品作品を日本で特集上映する「シッチェス映画祭ファンタスティック・セレクション」の1本として、24日からヒューマントラストシネマ渋谷(東京都渋谷区)ほかで公開される。舞台あいさつには、主演の三元雅芸さんも登場した。

 千葉監督は「もう見たくないと言わせるくらい、アクションを腹いっぱい見せたかった」といい、三元さんも「2週間の撮影で、アクションのない日は1日しかなかった。世界に向けて作りたかったので、日本古来の古武術などを取り入れて、刀の握り方、足の運び方も全然違う」と、見どころをアピールした。一方、黒川さんはアクションでは活躍できなかったものの、ヒロインとして「衣装は相当話し合って、(忍者でも)黒だけじゃなく、女の子っぽくちょっと派手にした」と、自身の衣装をアピール。ストーリーについても「ミステリー的な謎解きがあるので、話の軸を大事にして演じました。なじみのないジャンルだったので、全部が新鮮でした」と、振り返っていた。

映画 アーカイブ

MAiDiGiTV 動画

最新動画

最新記事

最新写真

このページのトップへ戻る