ロバート・ゼメキス監督:実在の人物の映画化「実は初めて」 最新作「ザ・ウォーク」を語る

映画
最新作「ザ・ウォーク」への思いを語ったロバート・ゼメキス監督

 映画「バック・トゥ・ザ・フューチャー」シリーズなど数々の名作を手がけるロバート・ゼメキス監督が21日、東京都内で最新作「ザ・ウォーク」のPRのため来日会見を開いた。ゼメキス監督は「実は、実在の人物を描いたのは今作が初めてなんです」といい、主人公の魅力や最新映像技術など同映画への思いを語った。

 「ザ・ウォーク」は、ジョセフ・ゴードン・レビットさんが主演。1974年に当時世界一の高さを誇ったワールドトレードセンターの間をワイヤロープ1本でつなぎ、命綱なしの空中闊歩(かっぽ)に挑戦したフィリップ・プティさんの著書を実写化したもので、彼がフランスからニューヨークに渡り、未知の世界へ踏み出すまでの軌跡を、最新3D映像で見せる。

 実在するプティさんについて映画化した理由を、ゼメキス監督は「引かれたのは、彼のアーティストとしての情熱です。それを表現せずにはいられないと思った。フィリップの作品(空中闊歩)は極端でクレージーではあったけれど、多くの方は彼のクリエーティブなビジョンを理解できると思う」と思いを語った。また「ほかのアートでは実現できないスペクタクルが、映画ならできる。フィリップの空中闊歩を体感できる映像を作りたかった。とにかく撮影はワクワクしました」と振り返った。

 最新技術を駆使して映画を作ることについて、「映画の未来にはとても希望を感じます。デジタルテクノロジーが進化して、より予算を抑えるようになっていけば、映画はストーリーととキャラクターについて描くべきだ。もっと面白い作品が作られていくと思う」といい、「許されるなら、これからもずっと映画を作り続けたい」と映画への情熱を語った。

 この日の会見は、同作にちなんで47階という高所で行われ、ゼメキス監督のほか、プロデューサーのジャック・ラプケさんも出席した。2016年1月23日公開予定で、22日に開幕の第28回東京国際映画祭特別招待作品としてオープニングに上映される。

映画 アーカイブ

MAiDiGiTV 動画

最新動画

最新記事

最新写真

このページのトップへ戻る