東京国際映画祭:松山ケンイチ、宮野真守らに黄色い歓声 オダギリジョーは小栗監督に感謝

映画
「第28回東京国際映画祭」に登場した(左から)オダギリジョーさん、宮野真守さん、松山ケンイチさん

 アジア最大級の映画祭「第28回東京国際映画祭(TIFF)」が22日、開幕した。同日、六本木ヒルズアリーナ(東京都港区)で開かれたレッドカーペットイベントには、出品作品に出演する俳優のオダギリジョーさん、松山ケンイチさん、声優の宮野真守さんらが登場し、黄色い声援が飛びかった。

 「FOUJITA」で主演を務めたオダギリさんは壇上で「(小栗康平)監督には自分が思ってもみなかったところまで引っ張りあげてもらって感謝しています。(自分のキャリアを)代表する1本に巡り合えた気がしています」とコメント。小栗監督から「オダギリ君はよかったよね、ほんとによかった」と声を掛けられ、照れ笑いを浮かべていた。

 また「の・ようなもの のようなもの」に出演した松山さんはサインの要望に気軽に応じるなどし、劇場版アニメ「亜人-衝動-」で主人公の声を担当する宮野さんもファンとの交流を楽しんでいた。そのほか俳優の佐藤浩市さん、忍成修吾さん、新井浩文さん、伊原剛志さん、須賀健太さん、紀里谷和明監督らがフォーマルな装いで登場。また元WBC世界バンタム級王者でプロボクサーの辰吉丈一郎さんにはファンから「辰吉コール」が飛んだ。

 TIFFは、1985年にスタートし、今年で28回目を迎えるアジア最大級の映画祭。オープニング作品はロバート・ゼメキス監督の最新作「ザ・ウォーク」、クロージング作品は佐藤浩市さん主演で直木賞作家の桜木紫乃さんの短編を映画化した「起終点駅 ターミナル」(篠原哲雄監督)。そのほか、人気アニメ「機動戦士ガンダム」の特集上映、昨年亡くなった俳優の高倉健さんの追悼特集上映、巨匠・黒澤明監督の名作「乱」の4Kデジタル復元版ジャパンプレミア上映なども行われる。

映画 アーカイブ

MAiDiGiTV 動画

最新動画

最新記事

最新写真

まとめタグ

このページのトップへ戻る