松岡茉優:「モー娘。」鞘師の卒業発表に落胆 「心配メールが多々届いた」

マンガ テレビ
「コウノドリ」のスペシャルステージに登場した松岡茉優さん

 女優の松岡茉優さんが1日、パシフィコ横浜(横浜市西区)で行われた鈴ノ木ユウさんのマンガが原作のドラマ「コウノドリ」(TBS系)のスペシャルステージに登場。大の「モーニング娘。」ファンで知られる松岡さんはイベント後の会見で、10月29日に同グループの鞘師里保さんが年内でグループを卒業すると発表したことについて聞かれると、表情を曇らせて「今のところ(言えることは)ない……ですかね。(今は)非常にナイーブです」と言葉少なくポツリ。続けて「友達からも心配のメールが多々届いたけど、生きてます」と気丈に語った。

 この日行われたスペシャルステージは、未就学までの子供連れの家族を対象にしたイベント「たまひよファミリーパーク」内で実施。イベントでは「コウノドリ」ブースも出展され、原作の複製原画や役衣装の展示なども行われた。スペシャルステージでは鈴ノ木さんとのトークが行われ、役衣装の白衣姿で現れた松岡さんは「(鈴ノ木)先生に直接感想を聞くのは照れくさいんですが、やっぱりプラスの言葉が多いのでありがたく、撮影頑張ろうって思えます」とトークの感想を語った。

 ドラマは、週刊マンガ誌「モーニング」(講談社)で鈴ノ木さんが連載中の医療マンガが原作。脚本はNHK大河ドラマ「八重の桜」などの山本むつみさんが担当している。綾野剛さんが産婦人科医と天才ピアニストの二つの顔を持つ主人公・鴻鳥(こうのとり)サクラを演じるほか、サクラの後輩にあたる新米産婦人科医を松岡さん、ベテラン助産師を吉田羊さん、新生児科の医師を坂口健太郎さんが演じている。毎週金曜午後10時放送。 

マンガ アーカイブ

MAiDiGiTV 動画

最新動画

最新記事

最新写真

まとめタグ

このページのトップへ戻る