川栄李奈:来春「とと姉ちゃん」で朝ドラ初出演 「ファブリーズの子供になる」?

テレビ
「とと姉ちゃん」に出演する川栄李奈さん

 8月にアイドルグループ「AKB48」を卒業した川栄李奈さんが、2016年春にスタートする高畑充希さん主演のNHK連続テレビ小説(朝ドラ)「とと姉ちゃん」に出演することが6日、明らかになった。同日、NHKふれあいホール(東京都渋谷区)で開かれた会見で発表された。

 主人公の父・小橋竹蔵を西島秀俊さん、母・小橋君子を木村多江さん、おじ・小橋鉄郎を向井理さんが演じるほか相楽樹さん、杉咲花さん(初)、大地真央さん(初)、片岡鶴太郎さん、大野拓朗さん(初)、秋野暢子さん、ピエール瀧さん、平岩紙さん、阿部純子さん(初)、坂口健太郎さん(初)、片桐はいりさんが出演する(初は連続テレビ小説初出演)。

 「とと姉ちゃん」は、生活総合誌「暮しの手帖」の創業者である大橋鎭子、花森安治らの軌跡をモチーフとしたドラマ。12歳で父を亡くしたことを境に家族の父代わりとなった小橋常子(高畑さん)が静岡から上京し、女性向けの雑誌を創刊。雑誌は、花山伊佐次(はなやま・いさじ)の助けを借りながら、高度経済成長期を生きる女性に支持されていく。

 上京した常子が出会う深川の仕出し屋森田屋の一人娘・富江を演じる川栄さんは、父役がピエール瀧さん、母役が平岩さんと聞いて、「ピエールさんと平岩さんと初めてお会いして(2人が出演しているCMの)『ファブリーズ』の子供になるんだ……と感じた。皆さんから学びつつ一生懸命頑張りたい」と意気込みを語った。

 「実験刑事トトリ」シリーズ、「怪物くん」「妖怪人間ベム」、アニメ「TIGER&BUNNY」などを手がけた西田征史さんが原作と脚本を担当する。「とと姉ちゃん」は16年4月から放送。全156回を予定。

テレビ アーカイブ

MAiDiGiTV 動画

最新動画

最新記事

最新写真

このページのトップへ戻る