NHK:昨冬に続きコミケ出展 話題の“薄い本”再び

アニメ マンガ テレビ
昨年冬に開催された日本最大級の同人誌即売会「コミックマーケット87」のNHKのブース

 NHKが、東京ビッグサイト(東京都江東区)で12月29~31日に開催される日本最大の同人誌即売会「コミックマーケット(コミケ)89」の企業ブースに出展することが分かった。NHKがコミケに出展するのは昨年冬のコミケ87に続き2回目で、昨冬話題になった同人誌風の“薄い本”を今回も配布する。関係者は出展の狙いを「若い世代をはじめ多くの皆さんに、さまざまな番組を楽しんでいただきたい」と話している。

 NHKは昨冬、大河ドラマ「花燃ゆ」をPRするためにコミケに初出展した。民放各局は同イベントに出展しているが、NHKが出展するのは初めてということもあり、注目された。また、人気イラストレーターのイラストなどが掲載された“薄い本”を無料配布したところ、用意した約9000部がまたたく間になくなったことも話題になった。

 今冬のNHKのブースでは、ニュース番組「NHKニュースウオッチ9」の気象コーナーのキャラクター・春ちゃんのパネルや教育バラエティー番組「Rの法則」の特別イラストを展示するほか、アニメやマンガ好きとして知られる同局の松岡忠幸アナウンサーやイラストレーターの岸田メルさんらによるトークショーも開催する。大河ドラマ「真田丸」コーナーでは、主人公・真田信繁に扮(ふん)したコスプレのスタッフも登場する。同局の番組制作などを行うNHKエンタープライズも物販ブースに出展する。

 今回の“薄い本”は、西又葵さんが表紙を描き、6U☆さんが裏表紙を描く。岸田さんも登場するほか、「忍たま乱太郎」の初公開となる設定画や仲村はるさんの描きおろしマンガ「NHK探検レポート」、春ちゃんの描き下ろしイラストなどが掲載される。各日、各3000部の配布を予定している。

 コミケは、1975年に始まったマンガや小説、ゲーム、音楽などの同人誌の即売会で、現在は夏と冬の年2回開催されている。ブースには、同人誌を販売する一般ブースと商業作品を扱う企業ブースがあり、企業ブースは、95年夏から導入され、96年冬から本格的にスタートした。企業ブースは出版社やアニメ会社、ゲームメーカーの出展が大半だったが、近年はホンダやグーグル、マイクロソフトなどさまざまな“無縁企業”が出展している。

アニメ アーカイブ

MAiDiGiTV 動画

最新動画

最新記事

最新写真

このページのトップへ戻る