M-1グランプリ2015:5年ぶり開催 11代目チャンピオンは「トレンディエンジェル」 敗者復活戦からの栄冠

芸能 テレビ
「M-1グランプリ2015」で優勝した「トレンディエンジェル」

 5年ぶりに復活した漫才コンテスト「M-1グランプリ2015」(ABC、テレビ朝日系)の決勝戦が6日、東京・六本木ヒルズで行われ、敗者復活戦から勝ち上がったお笑いコンビ「トレンディエンジェル」が11代目チャンピオンの称号を勝ち取り、出場した3472組の頂点に立った。

 「トレンディエンジェル」は、たかしさんと斎藤司さんのコンビで、2005年結成、よしもとクリエイティブ・エージェンシー所属。敗者復活戦から勝ち上がった初の決勝進出で優勝を勝ち取り、賞金1000万円を獲得した。

 「M-1グランプリ」は、2001年からスタートし、10年にいったん終了したが、今年5年ぶりに復活。これまでに「中川家」「ますだおかだ」「フットボールアワー」「アンタッチャブル」「ブラックマヨネーズ」「チュートリアル」「サンドウィッチマン」「NON STYLE」「パンクブーブー」「笑い飯」が優勝している。

 今大会は3472組がエントリー。決勝に出場したのは「ハライチ」(決勝出場は3回目、以下決勝出場回数)、「タイムマシーン3号」「ジャルジャル」「銀シャリ」(ともに2回目)のほか、「馬鹿よ貴方は」「メイプル超合金」「スーパーマラドーナ」「和牛」(ともに初)と、敗者復活を勝ち取った「トレンディエンジェル」(初)の9組で行われた。決勝の模様は午後6時半~9時まで生放送され、審査員は「中川家」の礼二さん、「チュートリアル」の徳井義実さん、「笑い飯」の哲夫さんら9人の歴代王者たちが務め、1人持ち点100点の計900点満点で採点。勝ち抜いた「ジャルジャル」「トレンディエンジェル」「銀シャリ」の3組で最終決戦を行った。お笑いタレントの今田耕司さんと、出産後生放送初出演となる女優の上戸彩さんがMCを務めた。 

芸能 アーカイブ

MAiDiGiTV 動画

最新動画

最新記事

最新写真

まとめタグ

このページのトップへ戻る