MD松尾のヒット解析:モンハンクロスがV2達成! 品薄状態続く

ゲーム

 TSUTAYAで加盟店にゲームソフトの商品提案をしているマーチャンダイザー(MD)の松尾武人さん。バイヤー歴10年以上の松尾さんは、その経験からソフトの特徴に合わせた商品展開を得意としている。ベテランバイヤーがヒットの流れを解析し、今後の動きを予想する。

 「モンスターハンタークロス」(3DS、カプコン)が先週に引き続き断トツ。まだまだ品薄状態が続いています。PSP版は遊んで“引退”し、「4」「4G」は手にとっていなかったという比較的年齢の高い層が復帰しているように感じますね。

 ◇今週の動き

 「モンスターハンタークロス」がV3を達成するでしょう。続くのは新作の「ヴァルキリードライヴ ビクニ」(Vita、マーベラス)あたりでしょうか。セクシーな描写で人気の「閃乱カグラ」シリーズのスタッフが手掛ける話題作で予約も入っています。また、テレビCMも展開中の「GRAVITY DAZE」(PS4、SCE)も上位に入りそう。発売済みのタイトルでは「マリオ&ルイージRPG ペーパーマリオMIX」(3DS、任天堂)あたりが残りそうです。

 ◇ランキングは次の通り。(11月30日~12月6日・TSUTAYA調べ・限定版含む)

1位 モンスターハンター クロス(3DS)

2位 マリオ&ルイージRPG ペーパーマリオMIX(3DS)

3位 スター・ウォーズ バトルフロント(PS4)

4位 Bloodborne The Old Hunters Edition(PS4)

5位 スプラトゥーン(WiiU)

6位 コール オブ デューティ ブラックオプス3(PS4)

7位 マインクラフト(Vita)

8位 スーパーマリオメーカー(WiiU)

9位 ディズニー マジックキャッスル マイ・ハッピー・ライフ2(3DS)

10位 妖怪ウォッチバスターズ 白犬隊(3DS)

 ◇プロフィル

 松尾武人(まつお・たけと) TSUTAYAゲームリサイクル企画グループ リーダー

 「GAME TSUTAYA」加盟約550店に新作ゲームの商品提案をするマーチャンダイザー。1996年から家電量販店でゲームのバイヤーを担当。2002年にTSUTAYA入社後も一貫してバイヤーの道を歩んできた。ネオジオCDを2台購入したほどの格闘ゲーム好きだったが、現在は携帯版ドラクエなどで遊ぶ日々が続いている。

ゲーム アーカイブ

MAiDiGiTV 動画

最新動画

最新記事

最新写真

まとめタグ

このページのトップへ戻る