岡田准一:標高5200メートル超の過酷ロケ 鼻うがいで「死にそうに」

映画
人気グループ「V6」の岡田准一さんが主演する映画「エヴェレスト 神々の山嶺」の完成報告会見に登場した阿部寛さん

 人気グループ「V6」の岡田准一さんが14日、東京都内で行われた主演映画「エヴェレスト 神々の山嶺(いただき)」(平山秀幸監督、2016年3月12日公開)の完成報告会見に、共演の阿部寛さん、尾野真千子さんと登場。撮影はエベレストで行われ、日本映画史上初となる標高5200メートル以上での撮影だったといい、岡田さんは「いろいろと考えていったことが通用しない場所。空気も普段の半分で本当に苦しい中、みんなで支え合っての撮影だった」と振り返ると、「体調が悪くなるのが一番怖いから、阿部さんから鼻うがいを習ったんですけど、ただでさえ呼吸が苦しいから、むせてしまって、死にそうになった」と明かし、会場の笑いを誘った。

 主人公の山岳カメラマンを演じた岡田さんは「カメラも登山もやっていたので、運命を感じました。実際に山にも登れて、撮影もできて幸せでした」と感慨深げ。一方、登山経験がほとんどないにも関わらず天才クライマーを演じた阿部さんは、「岡田君はとても屈強で、それを超える伝説のクライマーをやらなくちゃいけないのが大変でした」と苦笑交じりで、「夜は寒いし、頭も痛くなって、過酷でした。呼吸も苦しいし、せりふも出ない。周りの山々との距離感も分からなくなる。あの環境というのは尋常じゃない。ある種異常事態だった」と標高5200メートル超の過酷ロケを振り返っていた。

 「エヴェレスト 神々の山嶺」は、夢枕獏さんの小説「神々の山嶺」が原作。エベレスト登頂に同行していた最中に滑落事故で仲間を失った山岳カメラマンが、天才クライマーといわれる男と、兄を雪山で失った女と出会いエベレスト登頂に挑む姿を描く。エベレスト史上最大の謎を追う野心的な山岳カメラマン・深町誠を岡田さん、山岳史上初の挑戦にとりつかれた孤高の天才クライマー・羽生丈二を阿部さん、羽生との登山中に兄を亡くした女性・岸涼子を尾野さんが演じる。

映画 アーカイブ

MAiDiGiTV 動画

最新動画

最新記事

最新写真

まとめタグ

このページのトップへ戻る