尾野真千子:エベレスト過酷ロケも3キロ太る 岡田准一「誰よりもタフ」

映画
人気グループ「V6」の岡田准一さんが主演する映画「エヴェレスト 神々の山嶺」の完成報告会見に登場した尾野真千子さん

 女優の尾野真千子さんが14日、人気グループ「V6」の岡田准一さん主演の映画「エヴェレスト 神々の山嶺(いただき)」(平山秀幸監督、2016年3月12日公開)の完成報告会見に登場。撮影はエベレストで行われ、日本映画史上初となる標高5200メートル以上での撮影だったが、尾野さんは「上に行くと3キロぐらいやせると言われていて、実際に皆さんやせていく中、よく分からないんですけど、3キロ太りました」と告白。岡田さんから「誰よりもタフだった」と声をかけられ照れ笑いを浮かべた。

 また尾野さんは「こんな貴重な体験をできて、本当にこの作品に出合えたこと、うれしく思います」とにっこり。さらにロケ中、頂上が見えているのにそこまで行けなかったことが心残りであったようで、「5200メートルではストレス。いつかは(頂上まで)登ってみたい」とすっかりエベレストに魅せられた様子だった。会見には俳優の阿部寛さんも登場した。

 「エヴェレスト 神々の山嶺」は、夢枕獏さんの小説「神々の山嶺」が原作。エベレスト登頂に同行していた最中に滑落事故で仲間を失った山岳カメラマンが、天才クライマーといわれる男と、兄を雪山で失った女と出会いエベレスト登頂に挑む姿を描く。エベレスト史上最大の謎を追う野心的な山岳カメラマン・深町誠を岡田さん、山岳史上初の挑戦にとりつかれた孤高の天才クライマー・羽生丈二を阿部さん、羽生との登山中に兄を亡くした女性・岸涼子を尾野さんが演じる。

映画 アーカイブ

MAiDiGiTV 動画

最新動画

最新記事

最新写真

このページのトップへ戻る