MD松尾のヒット解析:モンハンクロスがV3! モンストに期待

ゲーム

 TSUTAYAで加盟店にゲームソフトの商品提案をしているマーチャンダイザー(MD)の松尾武人さん。バイヤー歴10年以上の松尾さんは、その経験からソフトの特徴に合わせた商品展開を得意としている。ベテランバイヤーがヒットの流れを解析し、今後の動きを予想する。

 「モンスターハンター クロス」(3DS、カプコン)がV3を達成。やはりこれまでの3DS版のユーザーに加え、新たにPSP版の“回帰層”の需要を喚起したのが大きかったようで、いまだに品薄状態が続いています。新作では上位に「ヴァルキリードライヴ ビクニ」(Vita、マーベラス)、「レインボーシックス シージ」(PS4、ユービーアイソフト)が入っていますが、「シュタインズ・ゲート ゼロ」(PS4・PS3・Vita、5pb.)もすごい売れ行きで欠品しています。初回限定版には前作のPS4版のダウンロードコードが付いており、これも売り上げに貢献したのでは。

 ◇今週の動き

 人気スマホゲームの3DS版「モンスターストライク」(ミクシィ)がトップでしょう。予約が絶好調で、2年前の「パズドラZ」(同、ガンホーオンラインエンターテイメント)とほぼ同じ規模で推移しており、大いに期待できそうです。2位の「モンスターハンター クロス」に続く3位と予想しているのがZ指定タイトルの「フォールアウト4」(PS4、ベセスダ・ソフトワークス)。予約はまずまずといったところですが、前作があまり予約しないライトユーザーの支持を集めただけに今回もヒットしてくれるのでは。ライトユーザーの動向次第では品薄になる可能性もありますね。

 ◇ランキングは次の通り。(7~13日・TSUTAYA調べ・限定版含む)

1位 モンスターハンター クロス(3DS)

2位 ヴァルキリードライヴ ビクニ(Vita)

3位 レインボーシックス シージ(PS4)

4位 マリオ&ルイージRPG ペーパーマリオMIX(3DS)

5位 GRAVITY DAZE(PS4)

6位 シュタインズ・ゲート ゼロ(Vita)

7位 スプラトゥーン(WiiU)

8位 スーパーマリオメーカー(WiiU)

9位 ディズニー マジックキャッスル マイ・ハッピー・ライフ2(3DS)

10位 シュタインズ・ゲート ゼロ(PS4)

 ◇プロフィル

 松尾武人(まつお・たけと) TSUTAYAゲームリサイクル企画グループ リーダー

 「GAME TSUTAYA」加盟約550店に新作ゲームの商品提案をするマーチャンダイザー。1996年から家電量販店でゲームのバイヤーを担当。2002年にTSUTAYA入社後も一貫してバイヤーの道を歩んできた。ネオジオCDを2台購入したほどの格闘ゲーム好きだったが、現在は携帯版ドラクエなどで遊ぶ日々が続いている。

ゲーム アーカイブ

MAiDiGiTV 動画

最新動画

最新記事

最新写真

このページのトップへ戻る