MD松尾のヒット解析:モンストがトップ! パズドラと同水準の売れ行き

ゲーム

 TSUTAYAで加盟店にゲームソフトの商品提案をしているマーチャンダイザー(MD)の松尾武人さん。バイヤー歴10年以上の松尾さんは、その経験からソフトの特徴に合わせた商品展開を得意としている。ベテランバイヤーがヒットの流れを解析し、今後の動きを予想する。

 人気スマホゲームの3DS版「モンスターストライク」(ミクシィ)が期待通りトップでした。売れ行きは、2年前の「パズドラZ」(3DS、ガンホーオンラインエンターテイメント)とほぼ同じ水準で、「モンスターハンター クロス」(同、カプコン)などがあったにもかかわらず、キッズ層を中心によく売れています。Z指定タイトルの「フォールアウト4」(PS4、ベセスダ・ソフトワークス)も売れましたが、発売日に販売が集中している印象で、週末にもうひと伸びしてほしかったですね。

 ◇今週の動き

 トップは「機動戦士ガンダム EXTREME VS-FORCE」(Vita、バンダイナムコエンターテインメント)と予想。据え置き機やアーケードで人気のシリーズですが、Vitaでのオリジナル作ということで予約も好調。低年齢層を中心に息の長い販売も期待できそうです。2位以下には「モンスターストライク」「モンスターハンター クロス」など発売済みのタイトルが並びそう。新作では「メダロット9」(3DS、ロケットカンパニー)、「幻影異聞録♯FE」(WiiU、任天堂)あたりが人気を集めそうです。

 ◇ランキングは次の通り。(14日~20日・TSUTAYA調べ・限定版含む)

1位 モンスターストライク(3DS)

2位 モンスターハンタークロス(3DS)

3位 フォールアウト4(PS4)

4位 スプラトゥーン(WiiU)

5位 ジョジョの奇妙な冒険 アイズオブヘブン(PS3)

6位 ディズニー マジックキャッスル マイ・ハッピー・ライフ2(3DS)

7位 イグジストアーカイヴ -The Other Side of the Sky-(Vita)

8位 マリオ&ルイージRPG ペーパーマリオMIX(3DS)

9位 ジョジョの奇妙な冒険 アイズオブヘブン(PS4)

10位 電撃文庫 FIGHTING CLIMAX IGNITION(Vita)

 ◇プロフィル

 松尾武人(まつお・たけと) TSUTAYAゲームリサイクル企画グループ リーダー

 「GAME TSUTAYA」加盟約550店に新作ゲームの商品提案をするマーチャンダイザー。1996年から家電量販店でゲームのバイヤーを担当。2002年にTSUTAYA入社後も一貫してバイヤーの道を歩んできた。ネオジオCDを2台購入したほどの格闘ゲーム好きだったが、現在は携帯版ドラクエなどで遊ぶ日々が続いている。

ゲーム アーカイブ

MAiDiGiTV 動画

最新動画

最新記事

最新写真

このページのトップへ戻る