μ’s:年間音楽ソフト総売り上げ31億5000万円で8位に大躍進

アニメ
2015年のオリコン年間ランキングのアーティスト別トータルセールス部門の8位にランクインした「ラブライブ!」の声優陣によるユニット「μ’s」

 人気アニメ「ラブライブ!」の声優陣によるユニット「μ’s(ミューズ)」が、23日発表された2015年オリコン年間ランキングのアーティスト別トータルセールス部門で8位にランクインした。シングルやアルバム、音楽DVD、音楽ブルーレイディスク(BD)の1年間の総売上枚数は約80万1000枚で、総売上金額は約31億5000万円を記録。「μ’s」は同部門で13年は64位、14年は13位だったが、今年は大みそかに放送される「第66回NHK紅白歌合戦」の初出場を決めるなど人気を集めており、初のトップ10入りの大躍進を遂げた。

 同ランキングは、14年12月8日~15年12月13日の期間、CDショップなど約2万3000店の売り上げデータを集計。アーティスト別トータルセールス部門では、人気グループ「嵐」が総売上枚数約399万枚、総売上金額約143億3000万円で首位に輝いた。

 「μ’s」は9月に発売されたライブBD「ラブライブ!μ’s Go→Go! LoveLive! 2015~Dream Sensation!~Blu-ray Memorial BOX」が約5万8000枚を売り上げ、ミュージックBDセールス(ミュージックBD作品別売上枚数)の年間7位にランクインした。

 「ラブライブ!」は東京都千代田区の伝統校・音ノ木坂学院の統廃合の危機を救うために立ち上がった女子高生のアイドルユニット「μ’s」の活躍と成長を描いた作品。主人公・高坂穂乃果の声優を務める新田恵海さんら声優陣によるユニットとしても活動している。13年1月にTOKYO MXなどで放送されたテレビアニメ第1期が、16年1月からNHK・Eテレで放送されるほか、「μ’s」は16年3月31日、4月1日に東京ドーム(東京都文京区)で“ファイナルライブ”を行うことも話題になっている。

アニメ アーカイブ

MAiDiGiTV 動画

最新動画

最新記事

最新写真

まとめタグ

このページのトップへ戻る