紅白リハ:黒柳徹子、初対面の綾瀬はるかを絶賛 玉ねぎ頭から「あめ差し上げてもいい」

テレビ
東京・渋谷のNHKホールで行われた「第66回NHK紅白歌合戦」の会見に登場した総合司会の黒柳徹子さん(左)と紅組司会の綾瀬はるかさん

 大みそかに放送される「第66回NHK紅白歌合戦」のリハーサルが29日、東京・渋谷のNHKホールで行われ、総合司会の黒柳徹子さんと有働由美子アナウンサーが、紅組司会を務める女優の綾瀬はるかさん、白組司会の「V6」の井ノ原快彦さんとともに会見した。黒柳さんと綾瀬さんはこの日が初対面で、黒柳さんは「この方(綾瀬さん)のドラマを全部見ています。本当にしっかりしてらっしゃる方」と絶賛。自身のトレードマークである“玉ねぎ頭”から「あめ差し上げてもいいわね」と話した。

 黒柳さんは久しぶりの紅白歌合戦での司会に「(司会を)最初にやったのは57年前。それから32年前から4年やりました」と振り返り、「ベストテンのときに知り合いになった方が半分くらいいますけど、あとの半分くらいは存じ上げてない方が多い。この30何年間に新しい方がいっぱい出て……」とコメント。

 井ノ原さんに「若いアーティストのみなさんが、頭の中からあめが出てくるところが見たいと(言っている)」と言われると、黒柳さんは「子供さんとか、心の清らかな方とか(じゃないと出せない)。今度、出すかどうかわからないですね。イノッチ(井ノ原さん)は汚れてないよ。だけど出すとは限らない」と話して笑いを誘った。

 今年の紅白歌合戦のテーマは「ザッツ、日本! ザッツ、紅白!」で、昨年に引き続き、歴代最長タイの午後7時15分~同11時45分(途中、5分間ニュースで中断)で放送される。

テレビ アーカイブ

MAiDiGiTV 動画

最新動画

最新記事

最新写真

このページのトップへ戻る