コミケ89:最終日は20万人 3日間で52万人が来場 

アニメ ゲーム マンガ
多くの人でごった返した「コミックマーケット89」最終日

 東京ビッグサイト(東京都江東区)で開催されている日本最大の同人誌即売会「コミックマーケット(コミケ)89」が31日に最終日を迎え、約20万人が来場して閉幕した。3日間の来場者数は約52万人で、冬コミ最多の56万人が来場した昨年冬の「コミケ87」からは4万人減った。

 コミケは、1975年に始まったマンガや小説・ゲーム・音楽などの同人誌の即売会で、現在は夏と冬の年2回開催されている。「コミケ89」の最終日は、自主制作ゲームソフト、美少女ゲーム、オリジナル雑貨など約1万1500のサークルが参加した。3日間で最も人気があるとされる日だけに、開始から多くの人が列を作り、ホールの外側まで多くの列ができた。

 企業ブースでは、初日、2日目にグッズをほぼ売り切った企業もあったことから、午後からの来場者はブースを巡回しやすい状況になった。

 コスプレエリアは午前11時前から混み始め、「艦隊これくしょん」や「ラブライブ!」「おそ松さん」などの多彩な作品のコスプレーヤーでにぎわった。プロコスプレーヤーのユリコ・タイガーさんも「けいおん!」の琴吹紬のコスプレ姿で登場し、撮影を希望する人たちが長い列を作るなど注目を集めていた。

 今年は警察からの「非常に強い警備強化要請」を受けて、人気マンガ「黒子のバスケ」の関連団体に脅迫状が送られた2012年冬の「コミケ83」以来、3年ぶりに手荷物検査が実施される中、初日は15万人、2日目は17万人が来場した。

 次回は2016年8月12~14日、東京ビッグサイトで開催される。企業ブースのみは8月12日と13日の2日間になる。

アニメ アーカイブ

MAiDiGiTV 動画

最新動画

最新記事

最新写真

まとめタグ

このページのトップへ戻る