清原果耶:「あさが来た」で話題の美少女の素顔 撮影では悔しくて涙も…

芸能 テレビ
「あさが来た」に出演中の清原果耶さん

 モデルで女優の波瑠さんが主演のNHK連続テレビ小説(朝ドラ)「あさが来た」に出演している清原果耶(きよはら・かや)さん。波瑠さんが演じるあさのお付きのふゆとして出演中で“可愛い”と話題になっている。劇中で時に大人っぽい表情も見せているが、まだ13歳の中学2年生というから驚きだ。撮影では、演技がうまくいかず悔しくて「泣いてしまうこともあるんです」と明かす清原さんの素顔に迫った。

 ◇グランプリ獲得も“塩対応”

 清原さんは、芸能事務所「アミューズ」が2014年に開催した新人発掘イベント「アミューズオーディションフェス2014」でグランプリに輝き、芸能界デビュー。三井不動産やアステラス製薬などのCMに抜てきされたほか、ファッション誌「ニコラ」(新潮社)の専属モデルとしても活動中で、「あさが来た」でドラマデビューを果たした。NHK総合で3月から放送される「精霊の守り人」にも出演する。

 清原さんは「小学5年生くらいの時に女優さんになりたいと“のほほん”と思った」といい、バレエやダンス、歌やミュージカルのレッスンをスタート。中学1年生の時にグランプリに輝いたアミューズのオーディションを「1、2次は緊張したけど、とりあえず楽しんでやろうと思ったら受かった。びっくりしちゃって、“塩対応”みたいにボーッとなっちゃった」と振り返る。

 「あさが来た」の出演が決まった際については「すごくびっくりしたんですけれど、話を聞いて『あ、はい』みたいに棒読みみたいになって……。お母さんに決まったと話をした時に実感して、泣いちゃいました」と明かす。朝ドラでの演技が話題になっているが「普段、歩いていて、気づかれることがないんです」という。

 憧れの女優として所属事務所の先輩の吉高由里子さんの名前を挙げ、「吉高さんは役に入り切っていながら、自分らしさも出しています。吉高さんが出演されている舞台を見に行った時、あいさつをさせていただいたのですが、テンションがおかしくなって、震えてしまいました」と笑顔で話す。

 ◇宮崎あおいの演技に感動

 清原さんが「あさが来た」で演じるふゆは、はつ(宮崎あおいさん)のお付きだったが、はつが嫁いだ山王寺屋が没落した後は、あさ(波瑠さん)が嫁いだ加野屋で働いている。加野屋の番頭の亀助(三宅弘城さん)はふゆに恋しているが、ふゆは亀助をあまり意識おらず、あさの夫・新次郎(玉木宏さん)に憧れを抱く……というような恋模様も描かれており、清原さんはスタッフから「真面目で純粋だけど、小悪魔っぽくならないように」といわれているという。

 また、清原さんはレギュラー陣では最年少で「撮影は大変だけれど共演者やスタッフの方に優しくしていただいています。毎日楽しいですね。(ふゆに恋をする亀助役の)三宅さんがアドバイスしてくださったり、波瑠さんは『リラックスしていいよ』と優しくしていただいています。波瑠さんには、ゴキブリのオモチャをそばに置かれたり、どっきりを仕掛けられることもあるんです……」と話すように、役柄のふゆと同様、共演者に可愛がられているようだ。

 撮影で特に印象的だったこととして、「宮崎あおいさんとの演技で、宮崎さんのお芝居を見て、泣いちゃいそうになったけれど、こらえました。宮崎さんのせりふ、間、空気感から伝わってくるものがあったんです」と感動した様子で話す。

 4日にスタートする第14週「新春、恋心のゆくえ」では、ふゆが父の決めた縁談を受け入れようとしたり、あさが亀助のふゆへの恋心を何とかしようとするなど、ふゆにまつわるストーリーが展開される。清原さんは「恋愛要素は初めてなので、いろいろ考えちゃいました」と語るように、ふゆの心情を演じるのに苦労も多かったようだ。

 ◇今年は映画にも出たい!

 15年は大躍進を遂げた清原さん。「この一年はいろいろあって、生活が一変した」と振り返る。「何気ないお芝居が難しかったり、感情を出し切れないことがあって、涙が出てしまうこともある」とまだまだ悩みも多いようだが、「昨年はドラマもやらせてもらい、今年はドラマはもちろん、映画にも出たいです!」と前向きに抱負を語る。

 清原さんは「あさが来た」で大人っぽい表情を見せ、インタビューもハキハキと答えるが、実際はまだ13歳の中学2年生。朝ドラで注目度もアップし、今後の活躍がますます楽しみな若手女優だ。

芸能 アーカイブ

MAiDiGiTV 動画

最新動画

最新記事

最新写真

このページのトップへ戻る