河北麻友子:早くも“リアル白鳥麗子”の声 高飛車お嬢様キャラ自覚も「いいのか悪いのか」

芸能
晴れ着姿でインタビューに応じた河北麻友子さん

 人気マンガを21年ぶりに実写化する連続ドラマ「白鳥麗子でございます!」(メ~テレほか、1月スタート)で主人公を演じるモデルで女優の河北麻友子さんが、晴れ着姿でインタビューに応じた。ドラマに加え映画化も進行中の「白鳥麗子」に加えて、以前から公言している「ソロCDデビュー」など、今年に懸ける河北さんの思いを聞いた。

 2015年を振り返り、最もうれしかったことに「白鳥麗子をやらせていただくことになったこと」と挙げる河北さん。改めて意気込みを聞くと「もちろん一生懸命、頑張ろうとは思っているんですけど、原作もあって、松雪泰子さんや鈴木保奈美さんがやっていたものなので、今までにない白鳥麗子、でもしっくりくる白鳥麗子をやりたいなって」と話す。

 高飛車お嬢様キャラについては「いいのか悪いのか分からないんですけど、すごく共感する部分は多い」といい「お芝居していく上で、毎日毎日すごく自分に似ているなって思うことが多くて。作品に入る前に、一度スタッフさんにも報告したんですけど、『そのままでいけるよ』って言われました」とも告白。また白鳥麗子の代名詞である「おーほほほほほほ!」の高笑いについても「頑張っていますし、見ていただければ」と自信をのぞかせていた。

 そんな河北さんにとってもう一つの今年の目標が「ソロCDデビュー」。1年前のインタビューでも公言していたが、昨年中には実現せず「そうなんですよ! 出したいんですよ!! だから16年もその気持ちでいっぱい。歌も頑張ります」と力を込めていた。

 プライベートでは「毎日ちょっとずつですが、料理をするようになった」と変化を明かしてみせた河北さんは、「16年はいろいろなところで新しい麻友子が見れるんじゃないかと思います。それを期待して、たくさん見てほしいなって思います」とファンにメッセージを送った。

 <プロフィル>

 かわきた・まゆこ。1991年11月28日生まれ、米ニューヨーク出身。2003年の「第9回全日本国民的美少女コンテスト」でグランプリとマルチメディア賞をW受賞。05年にドラマ「世界組TV」(フジテレビ系)に主演し女優デビュー。趣味はピアノ、陸上、特技はバイリンガル(英語・日本語)、フラフープ。11年4月から日本テレビ系の昼の情報番組「ヒルナンデス!」の金曜レギュラーを務め、モデルとしても活躍している。

芸能 アーカイブ

MAiDiGiTV 動画

最新動画

最新記事

最新写真

まとめタグ

このページのトップへ戻る