PS4:年末で過去最高570万台販売 世界累計は3500万台突破

ゲーム
SCEの家庭用ゲーム機「プレイステーション4」

 ソニー・コンピュータエンタテインメント(SCE)の家庭用ゲーム機「プレイステーション4(PS4)」の年末6週間(2015年11月23日~2016年1月3日)の世界販売台数が、13年のPS4発売以降の年末としては最高となる570万台を記録したことが5日、明らかになった。3日までの数字で、累計販売台数は3590万台となる。

 13年末は7週間で420万台、14年末は6週間で410万台で、それらを大きく上回った。昨年はPS4の値下げと合わせて、ゲーム機の発売から3年がたち、「スター・ウォーズ バトルフロント」などの有力ソフトがそろって売り上げをけん引し、欧米を中心に売れた形だ。

 PS4は、PS3を上回る高精細な映像に加え、ゲームのプレー動画をネット上で共有できるなどのソーシャルネットワーク要素を追加し、データ処理に負荷のかかる計算を別のコンピューターやサーバーにさせるクラウド技術を活用した高性能の家庭用ゲーム機。13年11月に北米で発売され、初日だけで100万台を売り上げ、9カ月後の14年8月に1000万台に到達。さらに7カ月後の15年3月には2000万台、同年11月には3000万台を突破するなど好調に推移している。

ゲーム アーカイブ

MAiDiGiTV 動画

最新動画

最新記事

最新写真

このページのトップへ戻る