広末涼子:あこがれの内田有紀と初共演 「心強い」

テレビ
連続ドラマ「ナオミとカナコ」の制作発表会に出席した広末涼子さん(左)と内田有紀さん

 女優の広末涼子さんと内田有紀さんが7日、東京都内で行われた連続ドラマ「ナオミとカナコ」(フジテレビ系)の制作発表会に出席。2人は同作が初共演。内田さんについて、広末さんは「私が女優を夢見た時からスクリーンやブラウン管の中で輝いていた人なのでご一緒できてうれしい。あこがれの存在でしたので」と笑顔で話し、実際の印象を「さわやかでネガティブなイメージがなかったので、実際共演させていただいてもサバサバとしたお姉さんでいつもいてくれる。イメージ通り。でも思った以上に引っ張ってくれて、いつも『大丈夫だよ』ってそばで言ってくれるので心強いです」と語った。

 一方、内田さんは広末さんについて、「涼子ちゃんの方が少しデビューが遅かったと思いますが、(広末さんが)デビューしたときすごい可愛い子なだと(思った)」と明かし、実際の印象を「涼子ちゃんが『イメージが変わらない』と言ってくれたように、私も同じように思っていて、お芝居をしているとどういう生き方をしてきたか透けて見えてくるときがあるんですが、(芝居を通し)涼子ちゃんのいろんな心の機微が見えてくると、一緒に年齢重ねて、同じ時代を生きて、一生懸命生きてきたんだなという気持ちになって、言葉以上にお芝居をすることでふれあっているので、このドラマでそれがにじみ出てくればいいなと思う。彼女とお芝居ができて幸せです」と語り、広末さんを恐縮させていた。

 ドラマは直木賞作家の奥田英朗さんの小説(幻冬舎)が原作。望まない職場で憂鬱(ゆううつ)な日々を送る会社員・小田直美(広末さん)と、夫のひどい暴力に耐える専業主婦・服部加奈子(内田さん)が、DV夫を排除すべく、タッグを組み、殺害計画を立てる……というストーリー。

 ドラマについて、広末さんは「バイオレンスに描いたり、シリアスにするだけではなく、それぞれの日常や生活、小さなかっとうなどをきちんと繊細に描いていく。心理描写をしっかりすることで、緊張感、緊迫感のあるサスペンスを提供できるのではないか。自分としても挑戦として、毎日撮影に挑んでいます」とアピール。内田さんは「去年の年末から撮影が始まって、毎日息が詰まるようなシーンの連続で、久しぶりに家に帰ってお風呂に入ったときに声を出しました。『あー、終わった!』って。そういう開放感が全くない撮影の連続だったので。演じている方は全身全霊、身を削って演じている。それが少しでも伝われば」と語った。

 発表会には、吉田羊さん、高畑淳子さん、佐藤隆太さんも出席した。ドラマは14日から毎週木曜午後10時放送。初回は15分拡大版。

テレビ アーカイブ

MAiDiGiTV 動画

最新動画

最新記事

最新写真

まとめタグ

このページのトップへ戻る