クリス松村:ベッキーに「100年早いのよ!」でも「うらやましい」

テレビ
WOWOW「連続ドラマW 荒地の恋」の特別試写会に登場したクリス松村さん

 タレントのクリス松村さんが7日、東京都内で行われたドラマ「連続ドラマW 荒地の恋」(WOWOW)の特別試写会に出席した。ロックバンド「ゲスの極み乙女。」の川谷絵音さんとの不倫報道があったベッキーさんについて聞かれると、「どっちにしろ100年早いのよ! 私をさておいて」と語り、「……いいな、可愛くて」とぽつり。「不倫ができるとか、そういう渦中にいる人はうらやましいわ。私たちなんて誰も見てくれないの。誰も追っかけてくれないし」と恨み節だった。

 また、同局の情報番組「私を“映画”に連れてって」で共演中の元AKB48の川栄李奈さんの浅香航大さんとの熱愛報道も引き合いに、「私が誰も付き合う人がいないのに、そういううわさが立つなんて生意気なのよ」とむっつり。「くやしくてしょうがないの! みんなに恋のうわさとか」と語り、「川栄さんって男なのよ、性格が。だから嘘だと思うよ。絶対できるわけないよ」と熱愛を否定してた。

 ドラマは、直木賞作家・ねじめ正一さん原作の大人のラブストーリー。主人公の北沢は、かつて戦後日本の現代詩運動の中心として活躍していたが、現在は53歳となり、新聞社の校閲部に勤務しながら細々と詩作を続けていた。しかし、親友で詩人の三田村の妻・明子と恋に落ちたことで、家族と仕事を捨て、これまでにないほどの情熱と「言葉」を取り戻していく……というストーリー。北沢を豊川悦司さん、明子を鈴木京香さんが演じている。

 クリスさんは「中年のドラマ、キター!」と本作の制作を喜び、全話見終えたという感想を「私とっくに結婚あきらめてるの。だからゴールがなくて。男と女が祝福されて、ゴールがあるというのを基準に見ているでしょ。でも実は最初からあきらめている人間もいて。そういう人間から見ると、このドラマは普通なのよ。ゴールがないから……」と独自の観点でしみじみ語っていた。9日から毎週土曜午後10時、WOWOWプライムで放送。全5話で、初回は無料放送。

テレビ アーカイブ

MAiDiGiTV 動画

最新動画

最新記事

最新写真

このページのトップへ戻る