羽生結弦選手:同い年大谷翔平選手と初対面 「本当に大きい」

テレビ
羽生結弦選手(右)と大谷翔平選手=第50回テレビ朝日ビッグスポーツ賞表彰式で

 フィギュアスケートの羽生結弦選手(21)とプロ野球の大谷翔平選手(21)が15日、東京都内で行われた「第50回テレビ朝日ビッグスポーツ賞」表彰式に出席。ともに1994年生まれで同い年の2人は、この日が初対面といい、相手の印象について、羽生選手は「テレビで拝見してましたが、本当に大きいなと思って。自分はこんなに小さかったんだと」と苦笑交じりに話し、大谷選手は「常々”羽生君世代”だと思っているので、負けないように頑張りたい」と語った。

 ステージの上で、「相手に聞いてみたいこと」を聞かれた羽生選手は「ボールに重みを持たせるために体重を増加したと聞いたんですが、今100キロくらいあるんですよね? 自分の2倍くらい(笑い)。どのようにしてボールに重みを伝えていくんですか?」と大谷選手に質問。その問いに、大谷選手は「体重を増やすのは一つの手段でしかなくて、技術が一番大事かなと。それと軸を大切にしていくのも大事。羽生君に言うのもアレなんですが」と語っていた。

 ビッグスポーツ賞は、日本オリンピック委員会(JOC)とテレビ朝日が、2015年のスポーツ界(JOC加盟競技団体)で優れた成績を残した個人・団体を表彰するもので、「ビッグスポーツ賞」を筆頭に「ビッグスポーツ特別賞」「ビッグスポーツ五輪奨励賞」「ビッグスポーツ新人賞」「ビッグスポーツ特別功労賞」などがある。表彰式には、各受賞者、団体の代表者が出席した。

 羽生選手は「ビッグスポーツ賞」などを受賞し、「今日はこのようなとても大きな賞を受賞させていただき光栄。これからもさらに頑張って、世界記録だけでなく、記憶に残るスケーターとして頑張っていきたい」と活躍を誓った。大谷選手は「テレビ朝日 スポーツ放送特別賞」を受賞した「侍ジャパン」の代表として表彰式に出席した。

テレビ アーカイブ

MAiDiGiTV 動画

最新動画

最新記事

最新写真

このページのトップへ戻る