HKT48・指原莉乃:NMB映画舞台あいさつに“乱入”も歓迎ムード 自身の初監督作をアピール

映画 アイドル
映画「道頓堀よ、泣かせてくれ! DOCUMENTARY of NMB48」の舞台あいさつにサプライズ登場した「HKT48」の指原莉乃さん

 アイドルグループ「HKT48」の指原莉乃さんが15日、東京都内で行われた姉妹グループ「NMB48」のドキュメンタリー映画「道頓堀よ、泣かせてくれ! DOCUMENTARY of NMB48」(舩橋淳監督)の完成披露舞台あいさつにサプライズ登場。驚くNMB48メンバーをよそに、自身が初監督したHKT48のドキュメンタリー映画「尾崎支配人が泣いた夜 DOCUMENTARY of HKT48」をアピールした。

 指原さんは、NMB48が舞台あいさつを終えて最後の集合撮影に応じる寸前に、HKT48メンバーを引き連れて「ちょっと待ったー!!」とステージ上に乱入。ほかのメンバーとは異なる「監督風」のジャケットを羽織ったワンピーススタイルで登場し、「初監督作品。一生懸命作ったのでそちらもお願いします」「自分が見せたくない姿を人は見たがる。だから、メンバーがいやだと思うシーンもカットせずに使っているのでそこも見どころです」とNMB48ファンに宣伝した。

 NMB48メンバーは最初、事態を飲み込めない様子だったが、指原さんが「私たちの舞台あいさつもあるんですが、相乗効果でお互いに良くなればいいなと思って。遊びに来ちゃいました」と語ると、「言ってくださいよー。ありがとうございます!」とたちまち歓迎ムードに。監督デビューした指原さんに、「すごい!」「かっこいい」と尊敬の言葉を口にし、「いつか大統領になりそう」と語って、指原さんから「それ国変わっちゃうけど?」とつっこまれるメンバーもいた。

 「尾崎支配人が泣いた夜 DOCUMENTARY of HKT48」は、HKT48創立当時からの映像とともにこれまでを振り返りつつ、指原監督によるメンバーインタビューを織り交ぜてHKT48の今と未来にスポットを当てていくドキュメンタリー。「道頓堀よ、泣かせてくれ! DOCUMENTARY of NMB48」は、NMB48の光と影を追うことで、従来のアイドルが隠し続けてきた泥臭いリアルを映し出すといういう内容。ともに29日公開。

 指原さんは「全然違うジャンル。涙の意味も違う」と感想を語り、NMB48の山本彩さんは「みなさんに楽しんでもらうことを日々モットーにしているんですが、今回の映画では普段は見せない涙や葛藤が詰まっている。そういう生きざまを見せることで、何か心に響くものがあるんじゃないかなと思います」とアピール。渡辺美優紀さんはイベントに際して「昨日の夜、ファンのみなさんがツイッターで『卒業発表とかないよね』とか心配してくださったんですが、それ(卒業)につなげるのはやめましょう、ということで今日はよろしくお願いします」と笑顔で語って安心させていた。 

映画 アーカイブ

MAiDiGiTV 動画

最新動画

最新記事

最新写真

このページのトップへ戻る