第88回アカデミー賞:ディカプリオ主演「レヴェナント」が最多12部門ノミネート 「マッドマックス」最新作10部門に

アニメ 映画 テレビ
「レヴェナント:蘇えりし者」のワンシーン(C)2015 Twentieth Century Fox Film Corporation.All Rights Reserved.

 米国の映画賞「第88回アカデミー賞」のノミネート作品が日本時間14日に発表された。最多12部門でノミネートされたのは、レオナルド・ディカプリオさん主演の「レヴェナント:蘇えりし者」(アレハンドロ・G・イニャリトゥ監督)。次いで、カーアクション映画シリーズの最新作「マッドマックス 怒りのデス・ロード」(ジョージ・ミラー監督)が10部門で続いている。

 「レヴェナント:蘇えりし者」は、前回のアカデミー賞で「バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡)」で作品賞を獲得したイニャリトゥ監督の最新作。大自然と自らの運命にあらがった男の再生を描くドラマで、アカデミー賞の前哨戦といわれる第73回ゴールデン・グローブ賞で作品賞、監督賞、主演男優賞の最多3部門で受賞。今回のアカデミー賞でも作品賞、監督賞、主演男優賞、助演男優賞など主要部門で数多く選出されている。
 
 「マッドマックス 怒りのデス・ロード」はトム・ハーディさんとオスカー女優のシャーリーズ・セロンさんが共演している人気カーアクションシリーズの最新作。作品賞、監督賞のほか、撮影賞、美術賞、衣装デザイン賞などでノミネート。

 また、マット・デイモンさん主演の「オデッセイ」(リドリー・スコット監督)が7部門にノミネートされているほか、トム・ハンクスさん主演の「ブリッジ・オブ・スパイ」(スティーブン・スピルバーグ監督)、「キャロル」(トッド・ヘインズ監督)、「スポットライト 世紀のスクープ」(トム・マッカーシー監督)などが6部門でノミネートされている。

 日本人が関係する作品では、スタジオジブリの劇場版アニメ「思い出のマーニー」(米林宏昌監督)が長編アニメーション映画部門にノミネート。スタジオジブリの作品がアカデミー賞にノミネートされるのは「風立ちぬ」(宮崎駿監督)、「かぐや姫の物語」(高畑勲監督)に続いて3年連続となる。

 第88回アカデミー賞授賞式の模様は、2月29日午前9時からWOWOWプライムで生中継される。案内役はジョン・カビラさんと高島彩さんが務める。また、女優の武田梨奈さんが米ロサンゼルスの様子を現地からリポートする。

 ◇主なノミネート作品(敬称略)

 作品賞:「レヴェナント:蘇えりし者」▽「マッドマックス 怒りのデス・ロード」▽「ブリッジ・オブ・スパイ」▽「マネー・ショート 華麗なる大逆転」▽「ブルックリン」▽「オデッセイ」▽「ルーム」▽「スポットライト 世紀のスクープ」

 監督賞:アレハンドロ・G.・イニャリトゥ「レヴェナント:蘇えりし者」▽ジョージ・ミラー「マッドマックス 怒りのデス・ロード」▽アダム・マッケイ「マネー・ショート 華麗なる大逆転」▽レニー・アブラハムソン「ルーム」▽トム・マッカーシー「スポットライト 世紀のスクープ」

 主演男優賞:レオナルド・ディカプリオ「レヴェナント:蘇えりし者」▽マット・デイモン「オデッセイ」▽ブライアン・クランストン「トランボ(原題)」▽マイケル・ファスベンダー「スティーブ・ジョブズ」▽エディ・レッドメイン「リリーのすべて」

 主演女優賞:ケイト・ブランシェット「キャロル」▽ブリー・ラーソン「ルーム」▽ジェニファー・ローレンス「ジョイ(原題)」▽シャーロット・ランプリング「さざなみ」▽シアーシャ・ローナン「ブルックリン」

アニメ アーカイブ

MAiDiGiTV 動画

最新動画

最新記事

最新写真

まとめタグ

このページのトップへ戻る