松井玲奈:名鉄舞台のドラマで同好の鉄道マニアにお願い 「目をつぶって……」

アイドル テレビ
名古屋市内の映画館で行われたオムニバスドラマ「名古屋行き最終列車」(メ~テレ)シリーズの最新作の舞台あいさつに登場した松井玲奈さん

 2月に東海エリアで放送されるオムニバスドラマ「名古屋行き最終列車」(メ~テレ)シリーズの最新作の先行試写会が15日、名古屋市内の映画館であり、同作に出演するSKE48の元メンバー、松井玲奈さんが舞台あいさつに登場した。同作は名古屋鉄道(名鉄)を舞台にしたドラマで、大の鉄道ファンとしても知られる松井さんは「この型番の車両に乗っているのに、なんで内装がこれなの?」と違和感を感じることがあったといい、同じ鉄道マニアの人々に向け「そのへんは目をつぶって……と思っています」とお願いしていた。

 同シリーズは2012年から放送されており、今回が第4弾。名古屋へ向かう最終列車で繰り広げられる人間ドラマを描く。毎回、主人公が異なる4~5話のオムニバス形式で放送されており、松井さんは第1弾から、思いもよらない出来事に巻き込まれる会社員の吉川一美役で出演している。これまでに「東京ドラマアウォード2013 ローカル・ドラマ賞」「日本民間放送連盟賞 テレビドラマ番組優秀賞」などを受賞した。

 松井さんは、第1弾の撮影段階では、今ほど鉄道に興味がなかったといい、「このドラマに出演して(鉄道マニアの人の気持ちが)1年で分かるようになった」と振り返った。一方で「名鉄さんが臨時ダイヤを出してくれているので……」と整合性がとれない部分があることについて理解を求めた。また名鉄の好きな点を聞かれると「可動式のシートが好き」と笑顔を見せ、「直角の引き出し式のシートの硬さと、背中のぴたっとする感じが好き。あえてそこ(の席)に乗っています」とマニアぶりを発揮し、観客の笑いを誘っていた。

 東海エリアで2月1~4日の深夜0時20分から4夜連続で放送。六角精児さん、大杉漣さん、石野真子さん、お笑いコンビ「ニッチェ」の江上敬子さん、名古屋発の男性アイドルグループ「BOYS AND MEN」(ボイメン)の小林豊さんらも出演する。

アイドル アーカイブ

MAiDiGiTV 動画

最新動画

最新記事

最新写真

まとめタグ

このページのトップへ戻る