おそ松さん:“マツノミクス”でアニメ誌が続々重版 一方、業界全体の盛り上がりは…

アニメ マンガ
重版されることになった(左から)「PASH!」2月号、「月刊アニメージュ」2月号、「アニメディア」2月号

 テレビアニメ「おそ松さん」の人気の影響で「アニメディア」(学研プラス)や「月刊アニメージュ」(徳間書店)などアニメ誌が売り切れ、「月刊アニメージュ」2月号は約36年ぶり、「アニメディア」2月号は1981年の創刊から35年で初の重版を決めたことが話題を集めている。出版不況の中、バブルが巻き起こっているようにも見えるが、「アニメディア」の馬渕悠編集長は「アニメ業界全体が盛り上がってるわけではありません。アベノミクスのように一部では好景気になっている一方で、恩恵を感じていない人もいる。“マツノミクス”と言えるかもしれません」とも話す。

 ◇「アニメージュ」は36年ぶり重版

 9日に発売された「月刊アニメージュ」2月号は、「おそ松さん」の表紙が人気となり、「機動戦士ガンダム」のマチルダが表紙を飾った1980年3月号以来、約36年ぶりの重版が決定。同じく9日発売の「アニメディア」2月号は「おそ松さん」のピンナップ、「オトメディア」2月号(学研プラス)は同作の付録のクリアファイルが人気で重版されることになった。さらに、同作のポスターが付録の「PASH!」(主婦と生活社)1、2月号もそれぞれ重版された。

 「おそ松さん」は、故赤塚不二夫さんのマンガ「おそ松くん」を約27年ぶりにテレビアニメ化。おそ松ら六つ子が成長して大人になった姿が描かれている。櫻井孝宏さんや神谷浩史さんら人気声優が六つ子を演じており、昨年10月にテレビ東京ほかで放送がスタートすると、過激なギャグやパロディー描写などが話題になり、女性アニメファンを中心に人気を集めている。

 ◇業界全体が盛り上がっているわけでは…

 女性アニメファンの“聖地”とも呼ばれる東京・池袋のアニメグッズ専門店では「月刊アニメージュ」2月号が発売日に売り切れが相次ぎ、入手困難な状況が続いている。馬渕編集長によると、アニメ誌は「半年ほど前は売り上げが落ち込んでいた」と苦しい時期もあったようだが、“おそ松バブル”に沸いているようだ。一方で「アニメ誌が重版されることが話題になり、アニメ業界が盛り上がっているようにも見えるが、そういうわけではない」とも話す。

 近年、1クールに30本以上にもおよぶ深夜アニメが放送されているが、馬渕編集長は「『おそ松さん』のような大ヒット作が生まれる一方で、苦しい作品も多い。ヒット作が生まれないクールもあり、アニメ業界のマーケット自体が伸びているわけではない。アベノミクスのように一部では好景気になっている一方で、恩恵を感じていない人もいる。“マツノミクス”とも言えるかもしれません」と業界全体が盛り上げっているわけではないことを強調する。

 また、馬渕編集長は「『おそ松さん』の人気は放送が終わった後も続くとは思いますが、今後、アニメ誌がどうなるかは分からない」とも話す。マツノミクスの効果が今後も続くかが注目される。

アニメ アーカイブ

MAiDiGiTV 動画

最新動画

最新記事

最新写真

このページのトップへ戻る