日本アカデミー賞:「海街diary」が最多12部門で受賞 “4姉妹”もそろって選出

映画
日本アカデミー賞の12部門にノミネートされた「海街diary」 (C)2015吉田秋生・小学館/フジテレビジョン 小学館 東宝 ギャガ

「第39回日本アカデミー賞」の最優秀賞のノミネートとなる優秀賞などが18日、東京都内で発表され、2013年にマンガ大賞を受賞した吉田秋生(あきみ)さんのマンガを是枝裕和監督が映画化した「海街diary」が優秀作品賞など12部門で選出された。

 優秀作品賞は「海街diary」のほか、日本とトルコの合作映画「海難1890」、半藤一利さんによるノンフィクションを、原田眞人監督が映画化した「日本のいちばん長い日」、長崎を舞台に、原爆後に生き残った母親と亡霊となった息子の物語を、吉永小百合さんと人気グループ「嵐」の二宮和也さんの共演で描いた「母と暮せば」、安藤サクラさんが女性ボクサー役に挑んだ映画「百円の恋」が受賞した。

 「海街diary」は、優秀作品賞、優秀監督賞、優秀脚本賞のほか、綾瀬はるかさんが優秀主演女優賞、夏帆さん、長澤まさみさんが優秀助演女優賞、広瀬すずさんが新人俳優賞に選ばれた。さらに優秀音楽賞、優秀撮影賞、優秀照明賞、優秀美術賞、優秀録音賞、優秀編集賞を受賞した。

 同賞は日本の映画芸術、技術、科学の向上発展のために設けられ、選考は日本アカデミー賞協会員の投票で行われる。 

 ◇おもな優秀賞受賞者は以下の通り。(敬称略)

 優秀作品賞:「海街diary」▽「海難1890」▽「日本のいちばん長い日」▽「母と暮せば」▽「百円の恋」

 優秀主演男優賞:内野聖陽「海難1890」▽大泉洋「駆込み女と駆出し男」▽佐藤浩市「起終点駅 ターミナル」▽二宮和也「母と暮せば」▽役所広司「日本のいちばん長い日」

 優秀主演女優賞:綾瀬はるか「海街diary」▽有村架純「ビリギャル」▽安藤サクラ「百円の恋」▽樹木希林「あん」▽吉永小百合「母と暮せば」

 優秀アニメーション作品賞:「心が叫びたがってるんだ。」▽「百日紅~Miss HOKUSAI~」▽「ドラゴンボールZ 復活の『F』」▽「バケモノの子」▽「ラブライブ! The School Idol Movie」

 新人俳優賞:有村架純▽土屋太鳳▽広瀬すず▽藤野涼子▽篠原篤▽野田洋次郎▽山崎賢人▽山田涼介

映画 アーカイブ

MAiDiGiTV 動画

最新動画

最新記事

最新写真

このページのトップへ戻る