MD松尾のヒット解析:「オーディンスフィア」が初登場首位 「龍が如く極」に期待

ゲーム

 TSUTAYAで加盟店にゲームソフトの商品提案をしているマーチャンダイザー(MD)の松尾武人さん。バイヤー歴10年以上の松尾さんは、その経験からソフトの特徴に合わせた商品展開を得意としている。ベテランバイヤーがヒットの流れを解析し、今後の動きを予想する。

 「オーディンスフィア レイヴスラシル」(PS4・PS3・Vita、アトラス)のVita版が初登場首位に輝きました。PS2で人気を博したRPGのリマスター版にあたりますが、Vitaで久々の大型タイトルということで、30歳前後の原作のユーザーというよりは、20歳前後のゲーマーがメインの購買層のようです。「カードファイト!! ヴァンガードG ストライド トゥ ビクトリー!!」(3DS、フリュー)も好調。付属するカードの評判がよかったこともあり、固定ファンの支持を集めたようです。

 ◇今週の動き

 ビッグタイトルが集中する注目の週です。「龍が如く極」(PS4・PS3、セガゲームス)のPS4版とPS3版がワンツーを飾ると予想しています。完全新作で人気を集めた前作「龍が如く0」には及ばないものの予約も絶好調で期待できそう。続くのは「ゼルダ無双 ハイラルオールスターズ」(3DS、コーエーテクモゲームス)か。WiiUで人気を集めたタイトルですが、よりユーザーの多い3DSでの展開ということで、こちらもヒットしそうです。

 ◇ランキングは次の通り。(12~18日・TSUTAYA調べ・限定版含む)

1位 オーディンスフィア レイヴスラシル(Vita)

2位 モンスターハンタークロス(3DS)

3位 カードファイト!! ヴァンガードG ストライド トゥ ビクトリー!!(3DS)

4位 オーディンスフィア レイヴスラシル(PS4)

5位 モンスターストライク(3DS)

6位 スプラトゥーン(WiiU)

7位 マインクラフト(Vita)

8位 妖怪ウォッチバスターズ 赤猫団(3DS)

9位 フォールアウト4(PS4)

10位 スーパーマリオメーカー(WiiU)

ゲーム アーカイブ

MAiDiGiTV 動画

最新動画

最新記事

最新写真

このページのトップへ戻る