MD松尾のヒット解析:大寒波影響も「龍が如く極」がワンツー 期待は「ドラクエビルダーズ」

ゲーム

 TSUTAYAで加盟店にゲームソフトの商品提案をしているマーチャンダイザー(MD)の松尾武人さん。バイヤー歴10年以上の松尾さんは、その経験からソフトの特徴に合わせた商品展開を得意としている。ベテランバイヤーがヒットの流れを解析し、今後の動きを予想する。

 年末、正月商戦も終わり、大寒波の影響はあったものの、全体的に新作タイトルが中心となるいい傾向。予想通り「龍が如く極」(PS4・PS3、セガゲームス)のPS4版とPS3版がワンツーを飾りました。「ゼルダ無双 ハイラルオールスターズ」(3DS、コーエーテクモゲームス)も好調で、オリジナルにあたるWiiU版の初動を上回り、一時品薄になるほどの人気。Z指定タイトルの「ジャストコーズ3」(PS4、スクウェア・エニックス)もよく売れました。

 ◇今週の動き

 注目作の「ドラゴンクエストビルダーズ」(スクウェア・エニックス)のVita版とPS4版がワンツーと予想。予約も好調で、比較的高い年齢層のドラクエファンと、「マインクラフト」を楽しんでいる低年齢層の両方を取り込めるとみています。3位は「マリオテニス ウルトラスマッシュ」(WiiU、任天堂)か、「ドラゴンクエストビルダーズ」のPS3版だと予想しています。

 ◇ランキングは次の通り。(18~24日・TSUTAYA調べ・限定版含む)

1位 龍が如く 極(PS4)

2位 龍が如く 極(PS3)

3位 ゼルダ無双 ハイラルオールスターズ(3DS)

4位 ジャストコーズ3(PS4)

5位 バイオハザード オリジンズコレクション(PS4)

6位 モンスターハンタークロス(3DS)

7位 オーディンスフィア レイヴスラシル(Vita)

8位 モンスターストライク(3DS)

9位 バイオハザード オリジンズコレクション(PS3)

10位 スプラトゥーン(WiiU)

ゲーム アーカイブ

MAiDiGiTV 動画

最新動画

最新記事

最新写真

このページのトップへ戻る