MD松尾のヒット解析:「ドラクエビルダーズ」がトップ3占める 一部で品切れも

ゲーム

 TSUTAYAで加盟店にゲームソフトの商品提案をしているマーチャンダイザー(MD)の松尾武人さん。バイヤー歴10年以上の松尾さんは、その経験からソフトの特徴に合わせた商品展開を得意としている。ベテランバイヤーがヒットの流れを解析し、今後の動きを予想する。

 注目作の「ドラゴンクエストビルダーズ」(スクウェア・エニックス)がVita版、PS4版、PS3版の順でトップ3を占めました。圧倒的な売れ行きで一部店舗で品切れするほど。特にVita版の動きがよかったですね。Vita版は「マインクラフト」(SCE)を遊んでいる中学生から20歳あたりまでのティーン層を取り込んでいるのに対し、PS4版の購入者は、ドラクエシリーズのファンを中心とした20歳以上のゲーマー層が中心になっています。「マリオテニス ウルトラスマッシュ」(WiiU、任天堂)、「三國志13」(PS4・PS3、コーエーテクモゲームス)などその他の新作も一部で売り切れるほどの人気で、大いに盛り上がりました。

 ◇今週の動き

 「NARUTO-ナルト-疾風伝 ナルティメットストーム4」(PS4バンダイナムコエンターテインメント)がトップと予想。PS4単独での発売ということで、やや懸念していたのですが、予約も絶好調で期待できそう。ユーザーのPS4への移行が進んだということでしょう。2位以下は「ドラゴンクエストビルダーズ」のVita版、PS4版とみています。

 ◇ランキングは次の通り。(25~31日・TSUTAYA調べ・限定版含む)

1位 ドラゴンクエストビルダーズ(Vita)

2位 ドラゴンクエストビルダーズ(PS4)

3位 ドラゴンクエストビルダーズ(PS3)

4位 マリオテニス ウルトラスマッシュ(WiiU)

5位 龍が如く 極(PS4)

6位 龍が如く 極(PS3)

7位 ゼルダ無双 ハイラルオールスターズ(3DS)

8位 三國志13(PS4)

9位 三國志13(PS3)

10位 モンスターハンタークロス(3DS)

ゲーム アーカイブ

MAiDiGiTV 動画

最新動画

最新記事

最新写真

このページのトップへ戻る