新宿アニソンスコープ:プロデュースチーム「Q-MHz」が1位 LiSA、南條愛乃ら参加で幅広い層が支持

アニメ 芸能 アイドル
「Q-MHz」のアルバム「Q-MHz」のジャケット

 タワーレコード新宿店のアニメ担当バイヤー・樋口翔さんが、アニソンの売れ筋や販売現場の生の声をお伝えする「新宿アニソンスコープ」。洋楽の聖地として知られるタワレコの中で、アニソンが充実し、巨大なPOPの展示やインストアライブを開くなど業界注目の新宿店の1月25~31日の1位は、プロデュースチーム「Q-MHz(キューメガヘルツ)」のアルバム「Q-MHz」でした。

 ◇先週の結果

 Q-MHzは、人気のロックバンド「UNISON SQUARE GARDEN」のベーシスト、田淵智也さんやアニソン界を中心に活躍するコンポーザーの畑亜貴さん、田代智一さん、黒須克彦さんの4人で結成されたプロデュースチーム。アルバムにはフィーチャリングシンガーとして、歌手のLiSAさん、「μ’s(ミューズ)」「fripSide」での活動でも知られる声優の南條愛乃さん、“みかこし”の愛称でも知られる声優の小松未可子さんさんらが参加しています。

 アニソン界とJ-POPシーンをまたにかけたプロジェクトとして幅広いジャンルのファンから期待値の高かった作品で、全店規模で発売初日から売り上げもよく、当店でもぶっちぎりの1位となりました。

 LiSAさんや南條さん、小松さんらの声質やボーカルスタイルを生かしつつ、少々タイプの異なる“変化球”な楽曲をあてがってみたりと、ジャンルやアレンジの幅、組み合わせの妙も楽しめるプロデュースチームならではの作品です。個人的には、早くも「今年も代表する1枚」になっています。

 2~4位には「アイマス」関連の作品が仲良く並びました。2位の「FRAME」、3位の「彩」は女性向けコンテンツとしてブレーク中の人気ソーシャルゲーム「THE IDOLM@STER SideM」に登場する二次元男性アイドルユニット。最近は男性アイドルを題材にしたコンテンツが注目を集めていますが、「SideM」シリーズの人気の高さを改めて証明する結果となっています。

 ◇今週の動向

 声優で歌手の林原めぐみさんのシングル「薄ら氷心中」が好調です。放送中のテレビアニメ「昭和元禄落語心中」の主題歌で、シンガー・ソングライターの椎名林檎さんとの初タッグが話題を呼んでいますね。次回チャート1位の最有力候補です。対抗馬には、アニメ「うたの☆プリンスさまっ♪」などで知られる声優の蒼井翔太さんのシングル「絶世スターゲイト」を挙げておきます。

 ◇タワーレコード新宿店アニソンコーナーランキング

1位 「Q-MHz」 Q-MHz アルバム

2位 「THE IDOLM@STER SideM ST@RTING LINE 08 FRAME」 FRAME(THE IDOLM@STER) シングル

3位 「THE IDOLM@STER SideM ST@RTING LINE 07 彩」 彩(THE IDOLM@STER) シングル

4位 「THE IDOLM@STER LIVE THE@TER DREAMERS 05」 Various Artists アルバム

5位 「Hey!カロリーQueen」 竹達彩奈 シングル

6位 「歌物語 -<物語>シリーズ主題歌集-」 Various Artists アルバム

7位 「WONDERFUL TOUR」 AIKATSU☆STARS! アルバム

8位 「スマホアプリ『アイカツ!フォトonステージ!!』シングルシリーズ01 カメレオントーク★」 STAR☆ANIS シングル

9位 「HOW CLOSE YOU ARE」 宮野真守 シングル

10位 「校歌斉唱!私立茶熊学園」 GAME MUSIC シングル

※左から順に、タイトル、アーティスト

 ◇プロフィル

 樋口翔 タワーレコード新宿店7階(邦楽・販売促進)アニメ担当バイヤー。2014年に町田店から異動。アニメにハマったきっかけは「新世紀エヴァンゲリオン」「BLUE SEED」「VS騎士ラムネ&40炎」など1990年代の作品で、アニソンの中でもキャラソン、とりわけアイドルアニメ関連の楽曲を愛聴。マイアンセムは「アイドルマスターミリオンライブ!」より「Up!10sion Pleeeeeeeeease!」。お気に入りのアニメ・ゲーム作品は「プリティーリズム」「アイドルマスター」「フォトカノ」「サクラ大戦」など。

アニメ アーカイブ

MAiDiGiTV 動画

最新動画

最新記事

最新写真

まとめタグ

このページのトップへ戻る