ワンフェス2016冬:模型業界は「艦これ」ブーム衰え知らず 「ラブライブ!」も人気

アニメ
「艦隊これくしょん-艦これ-」のフィギュアなどが人気を集めていた「ワンダーフェスティバル2016[冬]」の青島文化教材社のブース

 人気キャラクターのフィギュアをはじめとする組み立て式模型(ガレージキット)の大型展示会「ワンダーフェスティバル(ワンフェス)2016[冬]」が7日、幕張メッセ(千葉市美浜区)で開かれた。「艦隊これくしょん-艦これ-」「ラブライブ!」「アイドルマスター」などのフィギュアが人気で、来場者はさまざまな作品を眺めて楽しんでいた。

 「艦これ」はゲームが2013年4月にスタートし、模型業界は同年夏ごろから“艦これバブル”に沸いた。関係者は「ゲームのスタートから、約3年ということもあり、そろそろブームが落ち着くかもしれない……とも感じていましたが、勢いはまだ衰えていません」と話しており、ブームはまだ続いているようだ。

 セガ・インタラクティブのブースでは、「ラブライブ!」のキャラクター・南ことりのフィギュア(2500円)が人気を集め、開場から約1時間で用意された500体が売り切れた。関係者は「『ラブライブ!』はフィギュアやグッズがずっと好調です」と話していた。

 また、「アイドルマスター」「Fate」シリーズなどのフィギュアも人気で、女性を中心に人気のゲーム「あんさんぶるスターズ!」のグッズを展示しているブースもあった。関係者は「『あんさんぶるスターズ!』はアニメ化も決定しており、今後に期待しているコンテンツ。グッズも増えていきそうです」と話しており、業界の注目を集めているようだ。

 ワンフェスは、プロ、アマチュアを問わず制作した模型を展示、販売する展示会で、1984年のプレイベントから始まり、現在は年2回のペースで開催されている。今回は、グッドスマイルカンパニーやタカラトミー、セガ・インタラクティブ、海洋堂、青島文化教材社などの企業が出展。一般ブースには、参加者が制作した模型がずらりと並んだ。昨年夏は約5万5000人が来場し、今回も約5万5000人の来場を見込んでいる。

アニメ アーカイブ

MAiDiGiTV 動画

最新動画

最新記事

最新写真

まとめタグ

このページのトップへ戻る