StarS:ミュージカル界のプリンス3人衆が福田雄一とタッグ 目指すは現代版クレージーキャッツ!?

テレビ
WOWOWのミュージカルコメディー番組「トライベッカ」に出演する(左から)浦井健治さん、井上芳雄さん、山崎育三郎さんと脚本・演出の福田雄一監督

 ミュージカル界を中心に活躍する俳優の井上芳雄さん、浦井健治さん、山崎育三郎さんによるユニット「StarS」のミュージカルコメディー番組「トライベッカ」が、WOWOWで4月からスタートする。脚本・演出を手がけるのはドラマ「勇者ヨシヒコ」シリーズや映画「HK/変態仮面」などで知られる福田雄一監督。基本的に「コメディーしかやらない」というスタンスの福田監督の起用は、井上さんら3人のたっての希望。番組では3人そろってオフィスコントやミュージカルのパロディーにも挑戦するという。「芳雄君(井上さん)から電話をもらって直感的に思ったのは、『クレージーキャッツ』みたいなオフィスコントを、(植木等さんの)“無責任男”みたいなものをやりたいなってこと」と明かす福田監督と、「面白くなれば何でもしたい!」と意気込む井上さんらに話を聞いた。

 ◇StarSは素が面白い

 番組の企画が持ち上がった時に「ボクたちミュージカルをずっとやってきて、ミュージカルをもっといろいろな人に知ってほしいっていう気持ちもあったんですけど、何をしたらいいのかはっきり分からなかった」という井上さん。そこで頭に浮かんだのが、以前から親交が厚く、ミュージカルに造詣が深い福田監督だった。井上さんは「ミュージカルのことがすごく好きで詳しいし、やっていることの面白さも知っていたから、福田さんにお願いすればミュージカルのことを生かした面白いことができるんじゃないかって思ったんです」と話す。

 井上さんからの依頼を福田監督も快諾。3人のステージ上と普段との“落差”や素の面白さを前々から知っていたというのも大きかったようで、福田監督は「劇場で立っている感じとは違った3人の面白みを知っている人って、実はあまりいないんじゃないか、これをお伝えするのは僕の役目なんじゃないかって勝手に思った」といい、「3人ともコメディーをやられる機会はそんなにないと思うんですよ。でもStarSのライブのMCとか聞いていて面白いし、これは前面に押し出すべきなんじゃないかって。ボクは基本コメディーしかやらないので、普段のミュージカルではやらない形のコメディーを、3人とやれたら絶対に面白くなるっていう自信はあったんです」と振り返る。

 StarSの“クレージーキャッツ化”について、福田監督は「あの時代って何の意味もなく歌い出したりするじゃないですか。当然のことながら歌は3人の最大の武器でもあるので、そこを使って、なおかつコメディーをって考えた時、クレージーキャッツのことが思い浮かんだ」と考えを披露。さらに「ボクは正直ミュージカルはエンターテインメントの帝王と思っている。歌も踊りも演技もできなくちゃいけない、頂点にいる役者さんがやるべきものだと思うし、そこは存分に見せつけたい」とミュージカル愛を説いてみせた。

 ◇井上芳雄が“一番の食材”

 今回オフィスコントやミュージカルのパロディーに挑戦する3人のコメディアンとしての素質だが、福田監督いわく浦井さんは「狙ってやっていたとしたら天才というくらいのボケキャラ」で、山崎さんについては「普段から『オレ、カッコいいでしょ』って空気をかもし出しているけど、でもカッコよく見えなかったりする、そこが愛せる」と指摘。最後に井上さんだが、「他の2人と比べて、完璧なプリンスロードを歩いてきている。これを崩すってことは何よりも楽しみ、一番おいしい食材」とほくそ笑む。

 浦井さんは「おのおのだいぶ個性が違う3人だと僕は思っているし、福田さんも演劇がすごく好きっていうのが根っこにあるので、どうやってボクらをこねくり回してくれるのか、すごく楽しみです」と笑顔でコメント。山崎さんも「それぞれ一人でやっていた時には出てなかったキャラクターがStarSをやることによって引き出されたっていうのはある。ミュージカルだとみんなカッコつけているんで(笑い)、さらに福田さんには僕らの新たな魅力を引っ張り出してもらえたらなって思います」と力を込めていた。

 番組は、WOWOWプライムで4月から月1回放送。全6回を予定している。

テレビ アーカイブ

MAiDiGiTV 動画

最新動画

最新記事

最新写真

まとめタグ

このページのトップへ戻る