おかあさんといっしょ:21代目うたのお姉さんに小野あつこ 歴代最長8年の三谷たくみが卒業へ

テレビ
「おかあさんといっしょ」で4月からうたのお姉さんを務める小野あつこさん

 NHKの幼児向け番組「おかあさんといっしょ」で4月から21代目うたのお姉さんとして小野あつこさんが出演することが12日、分かった。2008年から歴代最長タイとなる約8年にわたって、うたのお姉さんを務めた三谷たくみさんが“卒業”し、うたのお兄さんの横山だいすけさん、体操のお兄さんの小林よしひささん、パント!のお姉さんの上原りささんは引き続き出演する。

 小野さんは東京都出身で年齢非公表。4歳からピアノを始め、高校のピアノ科を卒業後、東京都内の音楽大学で声楽を学ぶ。2016年3月に大学院を卒業見込み。同日、NHK放送センター(東京都渋谷区)で会見が開かれ、新うたのお姉さんの小野さんは「小さい頃から音楽が大好き。子供と関わる仕事をするのが夢でした。児童館で子供と触れ合う活動をしてきた。近所のお姉さんのように親しみを持ってもらい、みんなが笑顔になられるお姉さんになれるように日々、頑張っていきます」と笑顔で意気込みを語った。

 また、歴代最長タイの約8年にわたって歌のお姉さんを務めた三谷さんは自ら卒業を申し出たといい、「私の方から卒業したいと言いました。8年間やっていく中で、たくさんの経験をさせていただいて、自分の中でやり切れたという思いからバトンタッチしました。ありがとうの気持ちでいっぱいです」と話した。

 番組を手がける古屋光昭ディレクターは小野さんの起用理由を「たくみお姉さんの代わりを見つけようというのはやめた。お姉さんはそれぞれ違うものを持っている。継続性とフレッシュさを考えた。コンビネーションの中で新しいものが出てくるだろうという期待をして、選ばせてもらいました」と説明した。

 「おかあさんといっしょ」は、低年齢児の情緒や表現、言葉、体などの発達を助けることを狙いとした番組で1959年にスタート。森みゆきさん(83~87年)や神崎ゆう子さん(87~93年)、茂森あゆみさん(93~99年)、つのだりょうこさん(99~03年)、はいだしょうこさん(03~08年)らがうたのお姉さんとして活躍してきた。三谷さんは「BSおかあさんといっしょ」のお姉さんのかまだみきさんと並ぶ歴代最長の約8年にわたって、うたのお姉さんを務めたことになる。

 また、4月からは約5年ぶりに人形劇が一新され、ウサギのチョロミー、オオカミのムームー、ロボットのガラピコが登場する「ガラピコぷ~」が放送される。

 番組はNHK・Eテレで毎週月~土曜日午前8時ほかで放送。21代目うたのお姉さんの小野さんは4月4日の放送から登場。3月31日の放送では三谷さんと小野さんが交代のあいさつをする。

テレビ アーカイブ

MAiDiGiTV 動画

最新動画

最新記事

最新写真

まとめタグ

このページのトップへ戻る