木村佳乃:「真田丸」でとにかく明るいお姉さん役 “素”という評価も「そんなにとぼけていない」

テレビ
「真田丸」で真田信繁の姉・松を演じる木村佳乃さん=NHK提供

 NHK大河ドラマ「真田丸」で、堺雅人さんが演じる主人公・真田信繁の姉・松を演じている木村佳乃さん。草刈正雄さんが演じる父・昌幸ら個性的な真田家の面々の中で、明るいお姉さんとして存在感を示しており、高木渉さんが演じる夫・小山田茂誠とのラブラブ夫婦ぶりも話題だ。木村さんは「家族や友人に『佳乃そのものだね』といわれます。私はそんなにとぼけていないと思うのですが……。明るいお姉さん役といわれ、役だと思って演じたら、そのままだったみたいです」と笑顔で話す木村さんに、撮影の裏側などを聞いた。

 ◇三谷さんはよく見ている…

 「真田丸」は、堺さんが真田幸村の名でも知られている戦国時代の人気武将・真田信繁を演じ、戦国時代に信州の小さな領主のもとに生まれた信繁が、家族とともに知恵と勇気と努力で乱世を生き抜く姿を描いている。三谷幸喜さんが04年放送の「新選組!」以来、12年ぶりに大河ドラマの脚本を手がけ、長澤まさみさんや大泉洋さん、草刈正雄さんらが出演している。

 木村さんが演じる松は、信繁が慕っていた姉で、ドラマではとにかく明るく、母・薫(高畑淳子さん)とともに、真田家のムードメーカー的存在だ。木村さんは明るく、少しとぼけたところのある松を「一生懸命、一丸となって取り組んでいる」というが、「素に近い」という評価もあり、「三谷さんの舞台に出演した際に、けいこでは素の時間が長かった。三谷さんはよく見ていらっしゃっていたんですね……」と話す。

 ◇夫役の高木渉との誓い

 松の夫・小山田茂誠を演じるのはテレビアニメ「機動新世紀ガンダムX」の主人公ガロード・ラン役などで知られる声優の高木さんだ。高木さんはドラマ初挑戦ということもあり、木村さんは「失礼ながら存じ上げなくて……」という。木村さんが、高木さんと初対面したのが、乗馬の練習の時だったといい、「私が練習に来るということで、渉さんがいらっしゃってくださったんです。第一印象から優しい人だな、と思いました。渉さんと絆が深い夫婦を演じましょう!と誓いました」と振り返る。

 ドラマでは「愛し合って見えるように相談しています」といい、撮影中の様子を「スタジオに入ったら、渉さんの奥様という気持ちを大事にしています。渉さんは真っすぐに目を見てくださる。私も負けないように真っすぐな気持ちでついていこうと思っています」と明かす。さらに「私生活でべったりするわけではないですよ! 渉さんもご結婚されているので……」と冗談めかして話す。

 ◇椅子から転げ落ちるような展開も

 ドラマの平均視聴率は、初回が19.9%(関東地区、ビデオリサーチ調べ・以下同)を記録し、第2回が20.1%を記録。13年放送の「八重の桜」以来、3年ぶりに20%の大台に乗せたことも話題になっている。木村さんは「プレッシャーもあるけれど、引き受けた時の気持ちを初志貫徹させたい。褒められていい気になったり、悪いことをいわれて、こうしよう……となるのではなく、ブレずにやっていきたい」と話す。

 大河ドラマの撮影は過酷だといわれている。木村さんも「朝が早いのがつらい……。朝が苦手なわけではないのですが、ロケでは深夜2時半に起きたりします」と苦労を明かすが、「苦手なものはたくさんあるけれど、苦手だと思われないようにしています。楽観的といわれるのですが、楽しくやっていきたい」と明るく話す。

 ドラマで松には今後、過酷な運命が待ち受けている。木村さんは今後の展開について「台本を読んで、椅子から転げ落ちた。どういうふうに演じるか、久しぶりにプレッシャーを感じています」と話しており、”とにかく明るい松”の変化も注目される。

 NHK大河ドラマ「真田丸」は、NHK総合で毎週日曜午後8時ほかで放送。

テレビ アーカイブ

MAiDiGiTV 動画

最新動画

最新記事

最新写真

このページのトップへ戻る