2016年冬アニメ短評:アニメ記者が独断と偏見で語る(前編)

アニメ
「灰と幻想のグリムガル」のビジュアル (C)2016 十文字青・オーバーラップ/灰と幻想のグリムガル製作委員会

 今年の冬アニメが出そろってから約1カ月がたった。「MANTANWEB」のアニメ担当記者が、「無彩限のファントム・ワールド」「灰と幻想のグリムガル」など話題作を独断と偏見で語る。

 ◇灰と幻想のグリムガル

 もはや定番のいわゆる“異世界モノ”で、大ざっぱに言えば主人公たちがモンスターと戦う冒険活劇……ではあるものの、作品の核はそこではなく、複数人の若者の男女たちが、悩んだり意識し合ったり……といった人間ドラマに焦点が置かれている点が今日では新鮮に感じる。主人公たちがチート過ぎない(というか弱い)設定で、雑魚キャラの見本のようなゴブリン相手に苦戦するあたりもなんだか微笑ましい。水彩画のような淡く柔らかい色使いの作画も好感が持て、フタを開けてみればビッグタイトルぞろいの今期の中でも最も次回が気になる一作となった。それにしても前半で早々に彼が離脱するとは……。個人的にはシホルの今後の活躍に期待。(鰭)

 ◇無彩限のファントム・ワールド

 第1話が放送されると、いろいろな意味で“揺れた”。バトルシーンで躍動するヒロイン・川神舞の胸が揺れまくり、ネットを中心に「作画がすごい!」などと激震が走った。お色気が少なめという印象もある京アニ(同作を制作する京都アニメーション)作品において、過剰にも見える揺れの描写は意外だったのかもしれない。舞以外の女性キャラクターも魅力的で、中でもアニメのオリジナルキャラクターの熊枕久瑠美(くままくら・くるみ)は触覚風のツインテール、クマのぬいぐるみを抱く仕草などすべてが可愛すぎる。原作のライトノベルは、第2巻でシリアスな展開になるのだが、アニメではどこまでやるのだろうか……。(鉄)

 ◇昭和元禄落語心中

 先鋭的な作品を数多く送り出している講談社のマンガ誌「ITAN」の作品としては初のアニメ化。落語は音楽もの(アイドル系以外)などと並んでアニメ化の難しいテーマだが、関智一さん、石田彰さん、山寺宏一さんといった超実力派声優の名演で鳥肌が立つほどの出来栄えに仕上がった。ダイヤルチャンネルの付いたテレビや木目のステレオをはじめ、昭和50年代の風景も細かいところまで丁寧に描かれていて、ジジイ記者としてはノスタルジックな気持ちにもさせられた。どことなくBLを思わせる描写もあったりと、見る人によってさまざまな楽しみ方もできる引き出しの多い作品だ。(立)

 ◇蒼の彼方のフォーリズム

 見た目は萌え全開のラブコメアニメと思いきや、学園美少女もの、スポ根、スピードアクションの要素が均等に合体しており、恋愛要素はゼロ。そして主人公は一見ダメダメながら、才能の片鱗(へんりん)を見せ、そこにベタベタの友情があり、試合後のすがすがしいライバル関係を見ていると、王道の少年マンガ(アニメですが)さながらです。そしてアニメを見た後は、空を飛べるシューズ「グラシュ」があるといいなあ……と割とマジで思います。個人的には、イケメン男子の挑発に乗る、勝ち気な美少女の表情にグッとくるものが。(成)

アニメ アーカイブ

MAiDiGiTV 動画

最新動画

最新記事

最新写真

このページのトップへ戻る