MD松尾のヒット解析:首位はメガテン 新作は「艦これ改」優勢か

ゲーム

 TSUTAYAで加盟店にゲームソフトの商品提案をしているマーチャンダイザー(MD)の松尾武人さん。バイヤー歴10年以上の松尾さんは、その経験からソフトの特徴に合わせた商品展開を得意としている。ベテランバイヤーがヒットの流れを解析し、今後の動きを予想する。

 予想通り「真・女神転生4 FINAL」(3DS、アトラス)がトップ。前作の売り上げには届かなかったものの、予約状況からみると想定通り。内容の評価が高いようなので、今後の伸びを期待しています。2位の「ドラゴンクエストビルダーズ」(Vita、スクウェア・エニックス)に続いたのは「戦場のヴァルキュリア リマスター」(PS4、セガゲームス)。好調な売れ行きで、かつてPSPで同シリーズを遊んでいたと見られる年代がちょうどPS4のコアユーザーになっていることも売り上げに貢献しているのでは。

 ◇今週の動き

 注目作が目白押しのビッグウイーク。トップと予想しているのは「艦これ改」(Vita、KADOKAWAゲームス)。何度か延期された注目作ですが、その分予約は入っており、予約者中心の販売にはなるものの、好スタートを決めてくれるのでは。続くのは「進撃の巨人」(PS4・PS3・Vita、コーエーテクモゲームス)のVita版、PS4版でしょうか。立体機動の挙動が素晴らしくファンなら欲しくなるでしょうね。

 個人的には「ストリートファイター5」(PS4、カプコン)に期待。PS4の高いスペックを生かしたつくりはすごいの一言に尽きます。それまでの格闘ゲームとは一線を画す、すさまじい出来栄えなので、人気が出てほしいタイトルですね。

 ◇ランキングは次の通り。(8~14日・TSUTAYA調べ・限定版含む)

1位 真・女神転生4 FINAL(3DS)

2位 ドラゴンクエストビルダーズ(Vita)

3位 戦場のヴァルキュリア リマスター(PS4)

4位 NARUTO-ナルト-疾風伝 ナルティメットストーム4(PS4)

5位 ドラゴンクエストビルダーズ(PS4)

6位 ドラゴンクエストビルダーズ(PS3)

7位 マリオテニス ウルトラスマッシュ(WiiU)

8位 モンスターハンタークロス(3DS)

9位 龍が如く 極(PS4)

10位 龍が如く 極(PS3)

 ◇プロフィル

 松尾武人(まつお・たけと) TSUTAYAゲームリサイクル企画グループ リーダー

 「GAME TSUTAYA」加盟約550店に新作ゲームの商品提案をするマーチャンダイザー。1996年から家電量販店でゲームのバイヤーを担当。2002年にTSUTAYA入社後も一貫してバイヤーの道を歩んできた。ネオジオCDを2台購入したほどの格闘ゲーム好きだったが、現在は携帯版ドラクエなどで遊ぶ日々が続いている。

ゲーム アーカイブ

MAiDiGiTV 動画

最新動画

最新記事

最新写真

このページのトップへ戻る