Sexy Zone中島健人:千葉雄大の意外な一面暴露 「実は“腹黒王子”なのかな……」

映画 マンガ
映画「黒崎くんの言いなりになんてならない」の初日舞台あいさつに登場した千葉雄大さん

 アイドルグループ「Sexy Zone(セクシーゾーン)」の中島健人さんが27日、東京都内で行われた主演映画「黒崎くんの言いなりになんてならない」(月川翔監督)の初日舞台あいさつに共演の千葉雄大さんと登場した。「バーチー」(千葉さんのこと)、「ケンティー」(中島さんのこと)と呼び合うなど、仲のよさを見せていた2人だが、「今さらだけど一言言いたいこと」を聞かれた中島さんは「バーチーは『白王子』(演じた役)じゃないですか。でも実は“腹黒王子”なのかなと思っていて……」と“疑念”を明かした。

 中島さんは、撮影中、自分が使う紙コップに自分のものとわかるようにイラストを描いていたといい、「そしたらバーチーが横から入ってきて、『じゃあ、僕も描こう』って言って描いていたんですが、スタッフさんが『バーチーって絵が下手そう』って言うと、(それを聞いた)バーチーは『それはどうかな』って言ってすごいうまいイラストを描いた。あまりにもうまく描かれていて、イラストの学校にでも行っていたのかなというほど。それを今まで見せない。見せなかったのにもかかわらず、当日現場で僕に歴然たる差を見せつける。これは完全に“腹黒王子”なのではないかって」とエピソードを明かした。

 その“疑念”に、千葉さんは「そんなことないよ。でもケンティーよりはうまいかな」とにやり。逆に「今さらだけど一言言いたい」エピソードを聞かれた千葉さんは「撮影始まってまだそこまで打ち解けていないとき、毎日ケンティーが黒ばかり(の衣装)を着ていて。『KING』と書いた真っ黒な帽子とか。『黒崎くん』だから黒っぽいのを意識していたのかなって」と当時の中島さんのファッションを暴露。すると、中島さんは「これ、腹黒いじゃん(笑い)。そのときやっている作品に影響されやすいので。バーチー、よく見てるな俺のこと」と苦笑し、千葉さんは「よく見ちゃうんだよね、好きだから」と“ラブラブぶり”を見せつけて、会場を沸かしていた。

 映画は、「別冊フレンド」(講談社)で連載中の人気少女マンガが原作。「俺に絶対服従しろ」などのせりふを放つ“ドS男子”の「黒悪魔」こと黒崎晴人(中島さん)と、黒崎に翻弄(ほんろう)される転校生の赤羽由宇(小松菜奈さん)、黒崎の親友で女子の憧れの的の「白王子」こと白河タクミ(千葉さん)らの恋模様を描く。舞台あいさつには、小松さん、高月彩良さん、ジャニーズJr.の岸優太さんも出席。中島さんは「この作品の“エロキュン”な部分が伝われば。僕たちが刺激して、衝撃を受けて感激してくれれば。日本全国の女子、きょうから俺の言いなりだ」と“ドS”発言で映画をアピールすると、客席からは悲鳴のような大きな歓声が上がっていた。

映画 アーカイブ

MAiDiGiTV 動画

最新動画

最新記事

最新写真

まとめタグ

このページのトップへ戻る