ヤングマガジンサード:講談社のマンガ誌が読者人気アンケート廃止 異例の決定

マンガ
読者アンケートの廃止を発表した講談社のマンガ誌「ヤングマガジンサード」2016年4号

 講談社のマンガ誌「ヤングマガジンサード」が、読者人気アンケートをやめることを5日、明らかにした。マンガ誌は、アンケートを元にして作品の優劣、連載の継続を決めるのが普通。廃止の理由について、「ヤングマガジン サード」チーフの村松充裕副編集長は「どの雑誌でも起こっていることですが、コミックスの売り上げとアンケートが一致しなくなったため」と話している。

 マンガ誌のビジネスモデルは通常、雑誌単体では赤字で、コミックスの売り上げで黒字となっている。連載の継続は、編集長の方針、編集部の意見に加えて、読者の人気アンケートが鍵を握る。特に読者アンケートは重視されるのが業界の“常識”で、今回の廃止は異例の決定といえそうだ。

 5日発売の「ヤングマガジンサード」2016年4号では、「読者人気アンケートをやめます。」と発表。今後はツイッターを活用し、同誌のアカウントをフォローして、ハッシュタグを付けて感想をつぶやいてもらい、抽選で毎月10人に希望する同誌の作品のQUOカード(500円)をプレゼントする。また並行して、インターネットでの情報取得を行い、数人の「目利き」に毎号の感想をもらって編集部で共有するという。村松副編集長は「今後いろいろな方法を試していくと思いますが、編集部と作家が緊張しながら恐る恐る見るような、新しいデータ作りを目指します」と話している。

 「ヤングマガジンサード」は、週刊マンガ誌「ヤングマガジン」の増刊号として2014年9月に誕生した。動画サービス「niconico」とKADOKAWAの情報誌「ダ・ヴィンチ」が共催する「次にくるマンガ大賞」で2位になったペトスさんの「亜人(デミ)ちゃんは語りたい」、久米田康治さん原作、ヤスさんマンガの「なんくる姉さん」などが連載されている。

マンガ アーカイブ

MAiDiGiTV 動画

最新動画

最新記事

最新写真

まとめタグ

このページのトップへ戻る